4時間で全身が紫色に…四肢を失った2才の幼女 ― 高致死率の恐怖、髄膜炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4時間で全身が紫色に…四肢を失った2才の幼女 ― 高致死率の恐怖、髄膜炎
 有史以前から人類の病気の大部分を占めてきたとも言われている感染症。感染症に罹患し、命を落とさないまでも身体に痕を残すことも多い。10月23日付の「Daily Mail」にて掲載されている記事を元に感染症の一例を見ていただこう。■乳児を襲った恐るべき感染症とは!? イギリス、ロンドンから車で約3時間程に位置するフォックスヒルに住む夫婦のひとり娘、ハーモニー・ローズ・アレンちゃん(2歳...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア