「青」が気になりすぎた写真家が撮った“青のすべて” ― シュタイナー色彩論にヒントを得た熊谷聖司の写真集が美しすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「青」が気になりすぎた写真家が撮った“青のすべて” ― シュタイナー色彩論にヒントを得た熊谷聖司の写真集が美しすぎる!
 写真展「青について」が5月8日まで開催中の写真家・熊谷聖司の写真集『BRIGHT MOMENTS』は不思議な深みと広がりを感じさせる写真集だ。イメージを構成する主な要素は岩と空と水、そして女性の肌。そのどれもが青のベールで包まれたようにぼんやりと写し出されている。そこから感じ取れるのは世界の始まりだ。 写真集は、岩に囲まれた水のなかに立つ女性の足を撮ったイメージから始まる。岩場、水面に...

    今月のフォト

    ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末

    【取材】巨乳ポルノ女優の強烈アート、実在ナチスのメンバー&発禁本神殿…! 5年に1度のドイツ国際美術展「ドクメンタ14」が激アツ!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら