「いきなり!ステーキ」の“使い捨て紙エプロン”がNYで大流行! 「売ってほしい」「3ドル払う」ニューヨーカーが懇願する理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「いきなり!ステーキ」の“使い捨て紙エプロン”がNYで大流行! 「売ってほしい」「3ドル払う」ニューヨーカーが懇願する理由とは?
――無類の肉好きであり、いきなり!ステーキのゴールド会員である作家・石丸元章が、会員なら誰でも参加可能な社長主催肉友パーティに潜入取材! 食前酒も前菜もなく、いきなり!分厚いステーキを立ち食いで腹いっぱい食べるというド級の新提案で、日本人の肉食文化に巨石を投じ、ついにはアメリカ進出を果たした「いきなり!ステーキ」が、ニューヨークで旋風を巻き起こし、アメリカで話題になっている――! ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら