米国の巨大ハリケーン被害は気象兵器による人口削減計画なのか!? ミチオ・カク教授が戦慄意味深コメント「苦難の時は来たり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の巨大ハリケーン被害は気象兵器による人口削減計画なのか!? ミチオ・カク教授が戦慄意味深コメント「苦難の時は来たり」
 決して気象の専門家ではない有名物理学者がテレビで緊急発言! アメリカ・テキサス州を襲ったハリケーン・ハービーの襲来は「艱難辛苦のはじまり」であるというのだ。■大型ハリケーンが再び“生き返る”可能性 8月25日にテキサス州南部に上陸後、熱帯低気圧に勢力を弱めながらも5日に及ぶ豪雨と暴風で地域に甚大な被害をもたらしたハリケーン・ハービー。30日になってようやく雨が弱まり救難・復旧活動が本格...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら