「人間は生まれないほうがよい、すぐ人類滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”が少子化問題を全否定! 生命は害悪だと完全証明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「人間は生まれないほうがよい、すぐ人類滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”が少子化問題を全否定! 生命は害悪だと完全証明!
 アメリカでは60年代より、重篤な障がいを抱えて生まれた人物が、自分が生まれない方が良かったのに、医師の判断ミスにより間違った生を受けてしまったとする「ロングフル・ライフ訴訟」(wrongful life 間違った生)と呼ばれる訴訟事件が問題となっているが、哲学の世界では、障がい者だけでなく、健常者も含めた「全ての生が害悪である」とする驚愕の倫理学説が存在する。■誕生害悪論「全ての生は悪...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら