やはり電磁波で人は死ぬ!? 15歳少女が「Wi-Fiアレルギー」で死亡するまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント19

 これまで、電磁波過敏症を解明するために数々の検証実験が行われてきた。例えば、電磁波過敏症を訴える患者が、本当に電波の飛び交っている電磁場と、それらを一切遮断した偽の電磁場を区別できるかの検証だ。結果はどの実験でも、患者と電磁場の間に相関関係を見つけることはできなかった。

 つまり現在の医学的見地では、健康を害する電磁波が飛び交っているという恐怖心が、電磁波過敏症の原因なのではないかという心因性説が有力だ。

 一方、抗電磁健康活動家として有名なアーサー・フィステンバーグは、電磁波過敏症について真剣に考えていかなければならないと訴えている。

電磁波過敏症の子どもにとって、Wi-Fiは常に全身へ毒物を浴びているようなものです。学校は子どもたちの健康に責任を追わなければならない

 原因が何であれ、電磁波過敏症で苦しんでいる人達がいるというのは紛れもない事実である。それはある日、身の周りにいる家族や知人、自分自身を苦しめる原因となるかもしれない。

関連キーワード

コメント

19:匿名 2018年5月4日 12:35 | 返信

因果関係がはっきりしてるアレルギーと、しかるべき方法でも因果関係が証明できてない電磁波過敏症を一緒にすんな低脳が

18:匿名 2017年7月12日 21:52 | 返信

某スマホメーカーの公式サイトに電磁波アブネーから手を離して使え、みたいな事がって書いてあるんだよね
おまけに触らないで携帯しろ、みたいなことも書いてある、それ見て戦慄したわ

電磁波なんてタバコみたいなもんかもよ?長生きする人はするが肺癌ですぐ死ぬ人もいる、みたいな、、、、

17:匿名 2017年2月4日 22:15 | 返信

アレルギーは本人に原因がある。
電磁波だけではなく花粉、食品、動物、あらゆるアレルギーがそう言えると思う。
他の人にとっては害にならないものを、本人の免疫系が拒絶、過剰反応している結果。
敵ではないものを敵視している状態。
本人が変わろうとすることに治る秘訣がある。
周囲も配慮する必要はあると思うけど、電磁波を一切なくしてもらう努力ではなく、自分が治ろうとする姿勢が一番大切。

16:匿名 2016年7月2日 18:46 | 返信

どう考えても精神科案件だろ

15:SJ 2016年5月10日 18:00 | 返信

例えば、つい近年まで勤務場所、家庭、公共の場、歩きで、また映画のシーンの中で、人前でタバコを吸うのは当たり前の風景で、誰も発がん性など気にせず知らず、成人への政府の規制もありませんでした。
当時の人間と現在の人間は同じ人でありながら全く違う認識をもっていました。
もしかすると電磁波過敏症なども同じ境遇かもしれません。

14:匿名 2016年1月5日 16:51 | 返信

田舎に引っ越せば良かったじゃん。つまり親のせい

13:匿名 2015年12月18日 09:00 | 返信

「電磁波」で検索して飛んでくる工作員がまるでハエ・蚊のようだw
2chでも個人ブログにもたかってくるが、なぜそんなに必死なのかね?
鬼治外だ・病気だと言いながらべったり張り付いてくる
どちらが鬼治外で病気なのやら。。。
あっ察しwww

12:匿名 2015年12月17日 19:56 | 返信

二重盲検法に耐えない段階で精神疾患の可能性が非常に高いとしか言えない。
でも自称電磁波過敏症の方々はそれを決して認めようとはしないので、結果治療は出来ないという事になる。

11:匿名 2015年12月17日 18:55 | 返信

テレビのオンオフがわかるのは水平同期の15kHzが音として聞こえてるので、可聴域が広い人は知覚できます。人間に電波の感覚器はないので、歯の詰め物がアンテナになってたとかの特殊事例でなければ知覚できません。だいたい、電波と一言に言っても周波数違えば性質も変わるので、電波ならなんでもと言いだしたら気のせい。

10:匿名 2015年12月17日 17:08 | 返信

フランスの裁判所、電磁波アレルギーの女性に障害者手当の支給を認める。
で検索。

世界保健機関は、長期的な健康への影響について調査が必要である、ともしているんだよね。

9:匿名 2015年12月17日 11:32 | 返信

記事にあるWHOの報告書(2005)
http://www.who.int/peh-emf/project/ehs_fs_296_japanese.pdf
「2005年にWHOも電磁波過敏症の存在を認めている」は、正確に言うと「自分は電磁波過敏症だと訴える人が一定数存在する」ことを認めている。
しかし、患者と健常者を詳しく調べたところ、患者は電磁波によって健康を害されていると思い込んでるだけの可能性が高い(プラセボ)と同じ報告書に書いてある。つまりWHOは電磁波過敏症は科学的な根拠がないという立場であって、この記事はあきらかにミスリード。

8:匿名 2015年12月17日 08:43 | 返信

「精神的なモノでは無い」という主張の根拠として、論文とかは一切なく「コワ~い不動産の話」とかいう誰が書いたのかもよくわからないような一般書が出てくる時点でお察し。

7:匿名 2015年12月16日 22:50 | 返信

自殺の時点で電波で殺されてない

6:匿名 2015年12月16日 22:13 | 返信

「コワ~い不動産の話」の152頁の、

携帯基地局に気をつけろを読むと、決して

精神的なモノでは無いと言う事が解る。

ましてや精神病の類いでは無いと思う。

5:匿名 2015年12月16日 15:30 | 返信

携帯の基地局が建って、電磁波で健康被害がー!と騒いだババアがいて、
実はその基地局はまだ稼働していなかった、てな話もあったな。

これは精神病の一種だよ。

4:匿名 2015年12月16日 05:04 | 返信

>>3
なんとか信者ではないのですが・・
例えば、人工的に生成されたものを異物と捉えた・・という説明は出来るかもしれない。
勿論、自然界にもそれなりに存在するのだけれど、
分布と伝搬が異質と仮定した場合、その違いが今の科学で測定できない限界領域と解される。
例えば、"探偵!ナイトスクープ"の"テレビのオンオフが分かる特殊能力"の回などは、それに近い気がします。

3:匿名 2015年12月16日 02:15 | 返信

これ書いた奴はまず電磁波が何か分かってないだろ
少しは調べてから書き直したほうがいいんじゃないかね
 
フライ家にも矛盾は多い
家に携帯を置いていなかったとしても多くの電磁波が飛び交っているわけだ
隙間なくシールドを用意して防御でもしたんかね

2:校正課 2015年12月15日 01:36 | 返信

修正前:目の痛みや見にさ
修正後:目の痛みや見え辛さ

誤字・脱字が多いですね。しかも指摘されても修正しないという強心臓w

1:匿名 2015年12月14日 17:37 | 返信

アメリカのグリーンバンクってところは「電波のない街」として知られ、電磁波過敏症の人たちの憩いの街になっているらしいね。
彼女もそこに行ければよかったんだけど…。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。