TIME誌の表紙グラビアがまた物議! レイプされHIVに感染した黒人女性のヌードを表紙に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

「TIME」誌の欧州版2016年3月21日号の表紙に、レイプされて妊娠した17歳の女性のヌード写真を掲載したことが、物議をかもしている。

 発端は、カリフォルニア大学の社会学者ゾイ・サムジー氏が、表紙について「TIME」誌に抗議したことだ。「弱い立場にあるレイプの被害者を裸で表紙にするとは何事だ。ボスニア紛争でも同じような報道をしたのか、金儲けのために利用しているのではないか」と問いただしたのだ。


■世界に訴える写真の力

0318time0.jpg「TIME(2016年3月21日号)」

「TIME」誌の表紙飾ったのは、南スーダンの内戦でレイプされ、妊娠してしまったアヤックと呼ばれる女性だ。戦闘で家族をすべて殺されてしまったことに加え、レイプされた際にHIVに感染してしまうという地獄の体験をしている。今後、結婚や子どもを持つことが難しくなってしまった彼女は、生まれてくる子どもだけが家族となるため、その誕生を待ち望んでいるということだ。

 そんな彼女の写真を撮影したのは、リンジー・アダリオという写真家である。紛争地域で戦場カメラマンとして10年以上活動している彼女は、自分自身も2011年、リビアでの取材中に性犯罪の被害にあっている。その経験から、レイプの被害者に対して十分に配慮しているということであった。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。