人間とも動物とも違う! 完全に正体不明な「立ったままのミイラ」が発見される=メキシコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 トカナはこれまでミイラ化遺体の話題を数多くお届けしてきた。人為的に加工されたものであれ、自然現象による偶然の産物であれ、それらは一目で正体を判別できるものがほとんどだ。しかし、今回メキシコで発見されたミイラは、人間か動物か、はたまたUMA(未確認動物)かエイリアンなのか、まったく正体がわからない不思議な姿をしているのだった。

MummifiedBeing.jpg画像は「El Diario」より引用


■正体は? 立っていた? 謎だらけのミイラ

 先月27日、アメリカと国境を接するメキシコ・チワワ州北部、バエ・デ・サラゴサの砂漠地帯。現地の新聞紙「El Diario」によると、地元の漁師ゴンサロ・ガルデアさんが、この世のものとは思えない奇怪な生物の遺骸を偶然発見してしまった。

MummifiedBeing_2.jpg画像は「codigooculto.com」より引用

 細長い手足、曲がった胴体、そして小さな頭部――人間のような骨格だが、私たちとは何かが違う。かと言って、動物のミイラにも見えない。しかも、頭部には大きな目と牙があるのだという。すぐに警察が駆けつけてミイラの正体を突き止めようとするも、誰にも特定することができない。

 謎多きミイラの噂は即座に地元住民の間へと広まり、とあるフェイスブックユーザーによって撮影・投稿されたことで、世界中の人々へと伝えられた。ちなみに、ミイラは立ち上がった状態で写真に収められているが、謎の生物が絶妙なバランスを保ったままミイラ化したとすれば、前代未聞の恐るべき現象であるとして驚嘆の声も上がっている。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

7:匿名 2016年7月9日 19:39 | 返信

テレビで実物が紹介されてたから画像に加工はない。本物だという根拠も無ければ偽物だという根拠も無い。だからこれを知ったふうに偽造だと笑うのはおかしい。頭骨の特徴からネコ科に近い仲間だと思うよ。

6:匿名 2016年7月2日 12:36 | 返信

信用できない知能レベルの人の話か捏造だろう
画像は加工されていないとかトリックではないなんて説明が付くのも怪しい

5:匿名 2016年6月26日 14:12 | 返信

ただのカンガルー

4:匿名 2016年6月24日 21:35 | 返信

人間もUMAも宇宙人も、どれも動物だと思うんだが。

3:匿名 2016年5月18日 23:28 | 返信

動物の匂いがするらしい。。

2:匿名 2016年4月30日 22:48 | 返信

フェイクスブックユーザー?動いてる姿が撮れないと、存在をぼやかし易いミイラに走るwww

1:匿名 2016年4月5日 18:36 | 返信

南米のは作り物だよ。警察ぐるみとかもあるしな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。