東京上空に前代未聞の“スコープつき土星型UFO”出現!! 自動観測ロボ「SID-1」で世界初撮影成功!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

■検証

 これらの画像をもとに、他のUFOと比較するため画像検索を行うも、同様の事例は一切見つからなかった。

 また、SID-1が今までに撮影した鳥・ヘリ・虫・風船・気球・雷など、あらゆる画像データベースと比較も行ったが、同じようなものは見つからなかった。

 やはりこれは、大変珍しい特異な形状の未確認飛行物体、つまりUFOだったといえるだろう。


※自動観測撮影装置ロボットSID-1

 今、この時間にもSID-1はその“眠らないレンズ”で自動観測を続けている。すでに今回紹介したケース以外にも、いくつかの不思議な現象、物体を観測している。今後も紹介していきたい。

 宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された、世界でも類を見ない初の試みである。

 スタッフに多くの科学者や技術者などの熟練者を抱える世界最大の民間UFO研究団体、“MUFON”もその威力の凄さを認めている。

 今までにSID-1が記録した物体のいくつかは“MUFON”にもレポートしており、調査の結果“未確認飛行物体“として公式認定されている。

 宇宙現象観測所センター(SPOC)で構築した自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、雷あるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものあるいは現象を自動で検知し録画記録している。

 このSID-1は移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も専用ソフトで実施している。

 SID-1が撮影した画像の一部は、宇宙現象観測所センターで公開されており、随時アップデートも行われている。一部はYouTubeでも公開されている。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)

 また、SID-1はUFO以外にUFC、鳥の編隊飛行、様々な自然現象や天文現象も記録することが可能だ。ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただく。

 ほかにも、UFOらしきものを撮影された方々や出版社からの依頼で、画像の分析・解析も行っている。お気軽にご相談いただきたい。


Space Phenomena Observatory Center (SPOC)
宇宙現象観測所センター所長兼CEO:北島 弘

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

北島弘の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

東京上空に前代未聞の“スコープつき土星型UFO”出現!! 自動観測ロボ「SID-1」で世界初撮影成功!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル