• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【衝撃】我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?の画像1
マザー・シプトンの洞窟に掲げられている説明書き「EWAO」より引用

 フランスの大予言者ノストラダムは詩で予言を残し、それは主著『百詩篇』にまとめられているが、実はほぼ同時代、イギリスの予言者マザー・シプトンも同じく詩作を通して予言を残していたことをご存知だろうか?

 ミステリーニュースメディア「EWAO」によると、マザー・シプトンことアーシュラ・サウセイルは、1488年頃に英ヨークシャーのネアズバラに生まれた。望まれぬ子だったようで、出産直後に実母に養子に出されたという。その容貌の醜さから悪魔の子とも噂されたそうだ。その生涯はほとんど知られていないが、1561年に亡くなるまで書き溜めた予言は驚くべき正確さだと言われている。たとえばこんな予言を残している。

【衝撃】我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?の画像2
マザー・シプトン「Wikipedia」より引用

「世界中で人々の思考が空を飛ぶ。瞬きする間に伝達される。そして、水が驚くべきことをするようになるだろう。どれほど奇妙でも、これは現実になる」

 電話、ラジオ、テレビ、インターネットの登場を予言していると解釈できる。予言の後半は、巨大ダムや水力発電のことを指しているようだ。

「誇り高き人々が小高い丘を馬でもロバでもないものに乗って通るだろう。水の下で人々は歩き、乗り物に乗り、眠り、喋るようになるだろう」

 小高い丘は高層ビル群を指しているようだ。馬でもロバでもないものは自動車のことだろう。予言の後半は、潜水艦やスキューバダイビングのことだと解釈できる。

【衝撃】我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?の画像3
画像は「Thinkstock」より引用

 このように驚くべき正確さで未来を見抜いていたマザー・シプトンは、なんと第三次世界大戦の勃発も予言していたというのだ!

「ガブリエルが海辺に立つとき、嵐が吹きすさび、海がうなりをあげる。そして、ガブリエルが笛を吹くと、古い世界が死に、新しい世界が生まれる」

「EWAO」が紹介している解釈によると、これは、『ヨハネの黙示録』に書かれている「黙示録のラッパ吹き」を指すという。同書によると、第7のラッパ吹きがラッパを吹くと世界が終わるとされている。

コメント

5:匿名2018年10月21日 01:57 | 返信

気象兵器戦争としか…。

4:匿名2018年7月29日 06:32 | 返信

もうわけがわからないよ!
以上!解散!!

3:匿名2018年4月25日 16:54 | 返信

地球滅亡の予言が 毎回バッシングされるもんだから
とうとう とっくに終わってる!と言い出した編集部(笑)
仏教では もう既に末法の世とされてるけどな

2:匿名2018年4月25日 06:29 | 返信

予言の解釈がめちゃくちゃ強引すぎる

だったら俺だって予言出来るわ
全ての病から解放され永遠の命とも言える世界が出来るだろう

解釈①AIの発展、暴走により人類が人工知能に取って変わられる
解釈②医学の発展で治療不可能な病がなくなる。寿命という概念がなくなり不老が実現する

しかもいつまでって示していないから100年先でも1000年先でもどちらかが現実になれば予言は当たったことになる

1:匿名2018年4月24日 16:12 | 返信

1881年というのは実は西暦ではなかった。
西暦に直すと……

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。