我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?

【衝撃】我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?の画像1マザー・シプトンの洞窟に掲げられている説明書き「EWAO」より引用

 フランスの大予言者ノストラダムは詩で予言を残し、それは主著『百詩篇』にまとめられているが、実はほぼ同時代、イギリスの予言者マザー・シプトンも同じく詩作を通して予言を残していたことをご存知だろうか?

 ミステリーニュースメディア「EWAO」によると、マザー・シプトンことアーシュラ・サウセイルは、1488年頃に英ヨークシャーのネアズバラに生まれた。望まれぬ子だったようで、出産直後に実母に養子に出されたという。その容貌の醜さから悪魔の子とも噂されたそうだ。その生涯はほとんど知られていないが、1561年に亡くなるまで書き溜めた予言は驚くべき正確さだと言われている。たとえばこんな予言を残している。

【衝撃】我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?の画像2マザー・シプトン「Wikipedia」より引用

「世界中で人々の思考が空を飛ぶ。瞬きする間に伝達される。そして、水が驚くべきことをするようになるだろう。どれほど奇妙でも、これは現実になる」

 電話、ラジオ、テレビ、インターネットの登場を予言していると解釈できる。予言の後半は、巨大ダムや水力発電のことを指しているようだ。

「誇り高き人々が小高い丘を馬でもロバでもないものに乗って通るだろう。水の下で人々は歩き、乗り物に乗り、眠り、喋るようになるだろう」

 小高い丘は高層ビル群を指しているようだ。馬でもロバでもないものは自動車のことだろう。予言の後半は、潜水艦やスキューバダイビングのことだと解釈できる。

【衝撃】我々の世界は1881年に終わっていた!? 伝説の予言者マザー・シプトンの戦慄予言とは?の画像3画像は「Thinkstock」より引用

 このように驚くべき正確さで未来を見抜いていたマザー・シプトンは、なんと第三次世界大戦の勃発も予言していたというのだ!

「ガブリエルが海辺に立つとき、嵐が吹きすさび、海がうなりをあげる。そして、ガブリエルが笛を吹くと、古い世界が死に、新しい世界が生まれる」

「EWAO」が紹介している解釈によると、これは、『ヨハネの黙示録』に書かれている「黙示録のラッパ吹き」を指すという。同書によると、第7のラッパ吹きがラッパを吹くと世界が終わるとされている。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...