奇習! 全裸少年たちの“強制ペニス舐め儀式”が西日本の集落に存在! お互いの男根をしごきあい、ペッティング…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

kishu19055_01.jpg画像は「getty」より引用

「戦国武将と小姓」の関係のように、かつて日本ではその忠誠心や結束を高めることを主たる目的として、男性同士の性行為が公然と行われていた時期が存在していたが、実はこうした“特殊な目的を持った男性たちの性交渉”は、意外にも比較的最近まで続けられていたようだ。


「うん、そうだよ。たしかに昔はそういうことをさせられたものだよ」


 自身が生まれ育った西日本のとある山間の小さな集落で、その昔、行われていたという風習についてそう語るのは、現在もそこからほど近い別の集落で農業を続けているという、長澤繁太郎さん(仮名・80)。長澤さんの話によると、今を遡ること約70年ほど前までは、同集落の少年たちは、お互いの性器を貪りあうという、なんとも珍妙な行為を、大人たちから強要されていたのだという。


「たしか、7つか8つぐらいだったかな。そのぐらいの歳になるとね、子供(少年)たちは、大人たちから呼び出されて、すっぽんぽんにされちまうんだ。それでな、大人たちが言うのに従って、お互いのナニをね、手でしごいたり、口に含んだり、舐めたりしあうの。本当、意味のわからない風習だろう?」


 なんでも、この風習に参加させられるのは、上は12~13ぐらい、下は7~8歳の少年たちで、彼らは大人たちの命ずるがままに、また、その意味もろくにわからぬままに、互いの性器を貪りあうことを強要されるのだという。しかし、そもそもが“性のイロハ”すら知らない年頃の子供たち。そうした行為によって得られる快楽よりも、恐怖や苦しさの方が強いのだという。

コメント

3:匿名 2018年12月26日 10:04 | 返信

コメント2です
すみません、中部ではなく関西とありましたね
だとしても同じ時代の同じ国の中の話とは思えませんが

2:匿名 2018年12月26日 09:36 | 返信

随分平和な村ですね
祖父は83歳だけど小学生の頃は第二次世界大戦中であり兄弟も多く貧乏で学校に通うのも大変、学校では軍国主義の先生に理不尽な暴力を受けたそうです
関東ではそんな環境でしたが中部地方では呑気に少年ばかり集めて性的虐待した挙句そんな理由で殴っていたとは
同じ日本とは思えないですね

1:不気味 サキユキ 死亡予定 2018年11月18日 07:22 | 返信

ああもしかして無職ストーカーオバさんと無職ストーカーおじさんのことだ!近隣の便所覗いたりトイレしてる客の外のドアに座って耳をつけて聞いてたり。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。