奇習! 不幸な少年少女たちを貰い受け、性的虐待しまくり…! 同調圧力で黙認された「おらが町の名士」の鬼畜的所業を暴露!=東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 東京

kishuu1834_01.jpg
画像は「getty」より引用

 終戦後間もない1948年1月に発覚した、いわゆる「寿産院もらい子殺し事件」では、孤児院・寿産院の経営者である夫婦が、自分が食うにも困り、貧困に喘いでいる母親から子供を預かり、彼女たちから金品を騙し取った挙げ句、子供を求める人々に勝手に“転売”するという、俄かに信じがたい行為を日常的に続けていたことが明らかとなったが、我が国の長い歴史を見てみると、世の中にはこうした邪な目的で子供を貰い受ける輩が少なからず存在し、それが世のドサクサに紛れる形で黙認されていた時期があることに、我々は気づかされる。


「まあ、今の時代の人らからすればですよ、それこそ"おかしいことだらけ"なんだろうと思いますけれどもね、少なくとも当時の我々にとっちゃ、その“おかしいことだらけ”の状態ですら、“致し方のないこと”だったんですよ」


 戦後間もない頃、自身が住んでいた東京のとある地域で、表向き「町の名士」として知られていたという、とある初老の男性について、そう語り始めたのは、彼の家と隣接する家に長らく暮らしていたという春山巌さん(仮名・94)。春山さんの話によると、代々続く資産家でありながらも腰が低く、独特な品格とインテリジェンスを兼ね備えていたというその男性は、生まれ持っての端正な顔立ちが放つ魅力も相まって、それこそ、道ですれ違う人の多くが思わず振り返るような、“地元のカリスマ”であったのだという。


「そりゃあね、何代か前まで日本橋に大店を構えていた老舗の呉服問屋の出だというし、それこそ映画スタアみたいな整った顔立ちなものだから、日頃の行いを知らない人からしたって、その“特別な感じ”はわかったと思いますよ。しかもです。戦争で身寄りがなくなった子供だの、望まれない形で生まれた不義の子だのといった不遇の環境にある子供たちをですよ、身銭を切ってまで拾ってね、実の子のように育ててるだなんていう話があったぐらいですから、まさに“絵に描いたような名士”ですよ」


 日本はまだ、終戦後の復興が始まったばかりで、国民の大半が、食うに困るという時代。そんな世情にあって、わざわざ不幸な境遇にある子供たちを探してはそれを貰い受け、血の繋がった我が子のように養育しているとなれば、たしかに春山さんが言うところの「名士」だと言えるだろう。しかし、そんな希代の名士ともいうべき人物が、後年、人名辞典にもWikipediaにも掲載されることがなかったのには、“それ相応の理由”が存在していたのだという。

コメント

3:匿名2018年12月15日 18:29 | 返信

ソイツの子孫とかいるのかね?実名は晒せないのか?

2:さゆふらっとまうんど氏に暴行を加えた刑事はまだ逮捕されてはいないw2018年11月24日 13:42 | 返信


なんでこうしたことが起こるのかは皆で考えないといけないんだよねw本来はwでもマジレスすると必ず逆ギレする人たちいるからw

1:匿名2018年11月23日 22:16 | 返信

「子供は大人の所有物」なのは儒教国や未開人の常識では?
中国はぁ!日本はぁ!と言ってるけどどこも大差無い。
最初に寡婦や児童の保護を決めたのは「今」常識」では考えられないでしょうが「イスラム法」です。
女子供をミサイルにする連中は全部背教者です。
キリスト教も中世までは野蛮です。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。