最凶女貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの生涯 ― 愛人に逃げられシリアルキラーに変貌、乙女130人惨殺

最凶女貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの生涯 ― 愛人に逃げられシリアルキラーに変貌、乙女130人惨殺の画像4画像は「Murderpedia」より引用

■逮捕、そして……

 1762年に逮捕されたダリヤは、その後6年にわたり拘留され、取り調べを受けた。だが、彼女は反省の色など示さないどころか、自分が罪に問われることはないと確信していた。その一方、犠牲者の身内や生き残った農奴たちも、万が一彼女が戻ってきた時のことを恐れて証言を拒んだ。

 それでも司法調査官らは地道に捜査を進め、ダリヤの領地で過去わずか6~7年間に138人もの不審な死者が出ていることを確認した。そして、そのうち38人の女性の死がダリヤによるものだと調べ上げ、裁判で有罪を勝ち取ったのである。

 有罪になったとはいえ、伯爵夫人にどのような罰を与えるべきかという難しい問題が残された。エカチェリーナ2世は貴族からの支持を必要としていたからだ。とはいえ、罪の内容が内容だ。死刑はすでに廃止されていたので、最終的にダリヤには終身刑が言い渡され、称号や地位、財産を奪われ、モスクワの修道院に幽閉されることが決まった。

 1768年10月2日、ダリヤはモスクワ・赤の広場でさらし者にされた。首に「この女は拷問を加えて人を殺した」と書いた板がぶら下げられ、一時間にわたって見物人たちの好奇の目と嘲笑にさらされたのである。彼女を見るため、大勢の人々が赤の広場に集まったという。

 その後、ダリヤはモスクワのイワノフスキー修道院の地下牢に入れられた。窓もなく真っ暗な地下牢で24時間の監視下に置かれ、食事の時以外はロウソクの灯りすらないという過酷なものであった。

 11年後、ダリヤは修道院の別の部屋に移された。その部屋には鎧戸のついた窓があったが、好奇心から覗き込む者に対し、彼女は唾を吐きかけたり棒を突きつけたりして悪態をついた。どうやら精神を病んでいたらしいが、それが長年の監禁生活によるものなのか、もともと持ち合わせていた病が悪化した結果なのかは分からない。

最凶女貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの生涯 ― 愛人に逃げられシリアルキラーに変貌、乙女130人惨殺の画像5イワノフスキー修道院。画像は「Ivanovsky Cloister」より引用

 1801年(1800年という説もある)11月27日、71歳のダリヤは牢の中で死んだ。遺体はモスクワのドンスコイ修道院の墓地に葬られたという。

(編集部)

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Wikipedia」、「The Famous People」、「Russiapedia」、ほか

人気連載
【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

『クレイジージャーニー』(TBS系)が終了して久しいが、ケロ...

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

コメント

3:匿名 2019年1月8日 23:03 | 返信

これ昔テレビで何度もいろんな放送局で放送されていたよね?

ところで他者をボコボコに殴っといて、証拠のカメラを破壊し、組織ぐるみで匿って、逮捕もされない犯罪者たちはいつ逮捕されるのかな?(笑)

2:匿名 2019年1月7日 00:14 | 返信

一体どこに過激な表現が?管理人は世間知らずのアホなのか

1:匿名 2019年1月6日 20:29 | 返信

なんだかなぁ…
他に気分転換の方法がないのかね。
人の噂が気になるなら、別荘に行くこともできただろうし
そこまでの大貴族なら、夜毎のパーティーで遊び惚ける手もある。
パーティーでの遊びが過去を思い出させるなら
冒険家や芸術家のパトロンになる手もあっただろうに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
善人とか普通の人ではなく、元からイカレてたんだろうな。
惨殺前の時代は、領民に対して関心がなかっただけで・・。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?