『耳をすませば』が放送されると「自殺」の書き込みが増える、株価の呪い、売春宿…知られざる「ジブリの都市伝説」5つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
『耳をすませば』が放送されると「自殺」の書き込みが増える、株価の呪い、売春宿、…知られざる「ジブリの都市伝説」5つ!の画像1画像は「金曜ロードシネマクラブ」より引用

 1月11日夜9時から、日本テレビ系列でスタジオジブリのアニメ『耳をすませば』が放映される。小説家志望で本好きな女子中学生・月島雫と、図書館の本を通じて出会った同級生の天沢聖司の恋と青春を描いた人気作品である。

 細部まで作り込まれ、子供からマニアまで楽しませるスタジオジブリの作品には、多くの裏設定が隠されているといわれ、インターネット上では数多くの都市伝説がまことしやかに囁かれている。今では海外でも取り上げられるスタジオジブリの都市伝説について、映画ニュースサイト「Screen Rant」からいくつか紹介しよう。


■耳をすませばで自殺したくなる人々

 1995年公開の『耳をすませば』は中学生の男女の恋愛模様を描いた物語であるが、この映画のテレビ放映の後には「自殺したくなる」とネット上に書き込む人々が増えるという。その多くは十代の頃にこの映画を初めて見た人々で、十数年を経て改めて鑑賞すると、自らの「何もなかった」青春時代や、若かりし頃の無為に過ごした日々を嘆きたくなるというのである。

 実際に誰かが自殺したとは聞かないが、この話は今や海外でも知られるところとなっている。


■『千と千尋の神隠し』油屋は売春宿だった?

『耳をすませば』が放送されると「自殺」の書き込みが増える、株価の呪い、売春宿、…知られざる「ジブリの都市伝説」5つ!の画像2画像は、『千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]』(ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント)

 2001年公開の『千と千尋の神隠し』で主人公の少女・千尋が迷い込み、住み込みで働くことになった湯屋「油屋」。八百万の神々が集うこの不思議な施設はただの浴場ではなく遊郭、要するに売春宿であったといわれている。

 かつて日本では浴場が売春宿として機能しており、遣手婆と呼ばれる老婆が働き手である女たちの教育や管理、宿の運営を行っていた。女たちは本名を奪われ、より単純で呼びやすい名前を付けられたとされる。まさにこの映画のストーリーの通りだ。

 実際、監督の宮崎駿はこの説を認めているという。日本版『プレミア』の2001年6月21日号での『千と千尋』についてのインタビューで、どうして今回はこういう話にしたのかと質問された監督はこう答えている。

「今の世界として描くには何がいちばんふさわしいかと言えば、それは風俗産業だと思うんですよ。日本はすべて風俗産業みたいな社会になってるじゃないですか」現代の日本社会はセックス産業のようになっているとも発言しており、この映画は確かに売春の隠喩であるようだ。

コメント

4:匿名 2019年1月13日 00:55 | 返信

ポニョ、宗介の話はくだらない。そんなこと根拠にしたらあだち充作品は全部繋がってるわ(笑)

3:匿名 2019年1月12日 10:02 | 返信

風俗産業って、料亭、クラブ、喫茶店、ゲームセンター、バーなど多岐にわたるのですが…勝手にセックス産業に変換して、やはり売春の暗喩だったってアホですか?

2:匿名 2019年1月12日 01:52 | 返信

宮崎駿さんはいつも目のつけどころがいいと思います。
今亡くなる前にもう一個だけ作品を作りたいと奮闘されてると以前に聞いたことがあります。
前作からかなりのブランクがあるし、いざ作るとなれば周りからのバッシングも半端ないでしょう。ましてや文句だけなら世界一の日本でならなおさら。
でもその最後の作品とやらが完成するまでは死なんといてください!

1:匿名 2019年1月11日 20:19 | 返信

今日、TOCANAがジブリネタの記事を書く、という私の予言が的中しました。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。