>  > 軍艦島に残された“炭鉱の遺構”
軍艦島大特集【第2回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【第1回はコチラ

 2015年のユネスコの世界文化遺産登録に向けて、その航海を続けている軍艦島(長崎県長崎市端島)。

 かつて軍艦島は、海底炭鉱の島として栄え、1960年(昭和35年)の最盛期には5300人もの人が暮らしていた。しかし、74年に閉山となってからは、40年近くもの間無人島となっていた。そして今年9月、政府が「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産のひとつとして、ユネスコに推薦することを決めると、国内外からの注目度はグンと上がった。

 世代を超えて日本の近代化遺産に注目が集まっている今、本連載『軍艦島大特集』では、同島に残されている“炭鉱の遺構を順次紹介していこうと思う。

 今回は、島の玄関口となる東部地域からアプローチしてみよう。

 まず、長崎港などから出ている“軍艦島クルーズ”で観光上陸すると見えてくるのが、選炭施設や貯炭場、竪抗、捲座などの遺構だ。このあたりは、鉱業所と呼ばれていたところで、海底の奥深くで産出された石炭を陸上に上げていた場所だ。往時は、炭鉱の“シンボル”となっている竪抗櫓(たてこうやぐら)が立っていて、選炭された石炭の船積みがされていた。

 炭鉱の面影を今に伝えるものが、遊歩道を1/3くらい歩いたところに残されている。第二見学所のすぐ前にあるのが、第三竪抗捲座跡や第二竪坑桟橋だ。中世のヨーロッパを思わせるような捲座跡は、建物の外部の壁のようにも見えるが、実際には内部の壁である。捲座というのは、竪抗櫓に設置されているケージをワイヤーロープによって昇降させるための機械(巻上機)が備えつけられていた建物のことをいう。この奥には、鉱員用の共同風呂も残されていて、閉山時には、資材倉庫として使われていた。

 そのまま遊歩道を南に向かって歩いて行くと、鍛冶工場などの横を通って第三見学所にたどり着く。ここから見ることができるのは、国内最古のコンクリート建築のアパートである30号棟だ。実は、ここが“軍艦島クルーズ”の最大のハイライトである。

 30号棟が建てられたのは、大正5年(1916年)。もうすぐ100歳を迎える。戸数は約133戸で、下請業者の住居として使われていた。中央部分が吹き抜けになっていて、上から見ると「回の字型」となっている。当初は4階建てだったが、後から増築されて7階建てになった。1階には、給料の支払窓口もあった。長年、風雨や潮風、直撃する台風に晒されていたことによって劣化が進んでいるが、厳しい労働条件の下、労働力を確保するために、頑丈な建物を作る必要があったことを今に伝えるものとなっている。

 島の東部地域に細長く伸びている遊歩道。ここからは、様々な炭鉱の遺構を見ることができる。次回からは、島の内部に進んでみたい。【続く】
(取材・文・写真=酒井透)※長崎市の特別な許可を得て取材・撮影をしています

関連キーワード:
軍艦島
酒井透

今月の写真

写真アーカイブ

  • 2017.12
  • 【開催告知】大北朝鮮帝国展「切断芸術」が首領様をぶった切る! 「1000年残るモニュメント」「芸術理論なんか糞食らえ!」(現代美術家・生須芳英)2017.11
  • ゾクゾクするほど“圧倒的剥き出し”の沖縄写真集 ー 木村伊兵衛賞作家・石川竜一インタビュー「知ってしまったら逃げられない」2017.10
  • 2017.09
  • 2017.08
  • 【取材】世界大注目の「トリックメーク」が脳が歪むレベル!! 自分の身体をキャンバスにする韓国の美人アーティストが妖艶すぎる!2017.07
  • オリエント工業ラブドール40年間の集大成 『今と昔の愛人形』展にメロメロ! “しゃべるドール”の乳首からラブジュースも放出2017.05
  • 【R20】緊縛、絶叫、オネエ、切腹…! 「大人の見世物小屋」サディスティック・サーカスが日本にやって来る!2017.04
  • 恋人たちを“真空パック”する写真家・フォトグラファーハルがヤバすぎる! 息苦しいまでの愛の密着が、海外でも高い評価2017.03
  • 最強の性倒錯者ピエール・モリニエ/近親姦、両性具有、屍姦、人形愛… 孤高のシュルレアリストの希少コレクション公開!2017.02
  • 【写真】ベルリン、廃墟の神秘 ― 無人の核シェルター、化学工場…デビッド・リンチも欲しがった東ドイツの遺産2016.12
  • ISダーイッシュと戦うペシュメルガの兵士たちを独占取材! 日本の若き写真家がみた「想像もできない戦場」とは?2016.11
  • 遊郭、足舐め、見世物小屋…写真家・薄井一議が見せるSF的昭和が、最強にエモ・エロ・不穏でヤバすぎる!2016.10
  • 未だ解明されない謎の“縄文人タトゥー”を現代に蘇らせるプロジェクトが美しすぎてカッコイイ!2016.09
  • 男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー2016.08
  • ダリが認めたエイリアンの絵とは? ― “異形の巨匠”H・R・ギーガーのエロティックでグロテスクな世界2016.07
  • 特別ではない沖縄を撮った“特別な写真集”が揺さぶる沖縄観! 初沢亜利写真集 『沖縄のことを教えてください』2016.06
  • 「青」が気になりすぎた写真家が撮った“青のすべて” ― シュタイナー色彩論にヒントを得た熊谷聖司の写真集が美しすぎる!2016.04
  • 死ぬかもしれない写真集 『CAMP』 ― 写真家・石川竜一×サバイバル登山家・服部文祥対談2016.03
  • クソッタレな世界を疾走する若者たちの日々の欠片 ― 石川竜一写真集『adrenamix』の希望と絶望2016.02
  • 日本の民俗芸能は「美しいんだけど、怖い」 ― 集落に伝わる神々しい恐怖を捉えた写真家・西村裕介インタビュー2016.01
  • 死者と最も近い人々 ― とてつもなく奇妙なスラム街「フィリピンの墓場村」に潜入取材!2015.11
  • 絶対に見ておきたい、人工衛星が捉えた地球の風景8! 美しくも奇妙な“奇景”が広がる!2015.10
  • 日常を“異化”する ― BankART「アートと都市を巡る横浜と台北」展で、芸術創造の過程を追体験!!2015.08
  • 600万体の骸骨が眠るパリの地下 ― カタコンブ・ド・パリの「人骨の壁」2015.07
  • 6年間都内の非常階段から景色を撮り続けた男 ― “猥雑で美しい” 日本の街並み求めて ~佐藤信太郎インタビュー~2015.06
  • 【時を超えて絶賛される】超越する乙女心 ― 岡上淑子のフォトコラージュの世界2015.05
  • 絶対に食べてみたい、名作小説の食事50選!2015.03
  • 絶対に見ておきたい、世界の廃墟5選! 不気味だけど美しい、ノスタルジックな光景が広がる2015.02
  • 身体改造、性倒錯…性的マイノリティを追ったドキュメンタリー『凍蝶圖鑑』! 鬼才・田中幸夫監督インタビュー 「変態を生き抜く覚悟を決めた彼らは、誰よりも美しい。」2015.01
  • 単なる男尊女卑ではない ― キルギスの誘拐結婚を追った写真家林典子に聞いた「アラ・カチュー」2014.11
  • 水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」2014.09
  • 土屋太鳳「自然と紙を食べていた」 ― 人が人でなくなる瞬間を演じきった演技派女優『人狼ゲーム』インタビュー2014.08
  • アントワン・ダガタ ― ギャング・娼婦・ジャンキー・戦場…世界に自分を感染させる写真家インタビュー2014.06
  • 人間がやってきたことはすべて“変”なんじゃないか? ― 『奇界遺産2』佐藤健寿インタビュー 圧倒的写真と秘話2014.05
  • 【軍艦島】“日本建築史の空白の10年間”に建てられた「65号棟」 立ち入り禁止区域に秘境写真家・酒井透が迫る!2014.04
  • 【軍艦島】立ち入り禁止区域に、秘境写真家・酒井透が迫る!2014.03
  • 純血を貫くバリ原住民の村「トゥガナン村」  禁じられた結婚とは?2014.02
  • 「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中2014.01
  • 神秘なる人骨 ー 生と死が共存するバリ島最後の秘境「風葬の村」トルニャン2013.12
  • 【写真多数】ゲテモノからの脱皮!? やたらお洒落な虫料理本『むしくいノート』の写真がハンパない【プレゼント】2013.11
  • 呼吸を可視化する『BREATH』の世界―池谷友秀2013.10
  • 沖縄の「世界一狭いホテル」!! “歩き回る自由”を奪う驚愕の狭さ!2013.06