• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
gold-vimemo.jpg
画像は動画共有サイト「vimemo」より」より

 我々が普段何気なく見ている日本の景色を、まるで別世界の様に美しく切り取った映像が話題を呼んでいる。動画共有サイト「vimeo」に投稿されたこの作品、「January in Japan」は、南カリフォルニア在住の写真家で映像監督であるスコット・ゴールドさんが、今年の1月に奥さんと日本を旅した際に撮影されたもの。京都祇園や大相撲の様子といったいかにも外国人受けしそうなものから、東京の渋谷、電車内で読書をする人など、ありふれた日常まで美しく映像の世界で表現されており、この映像作品を通して、身近な景色の中に潜む「美」というものを再認識させられたような気分だ。ゴールドさんがつけた邦題「一月の日本」というのも、「日本の一月」としない所が大変しっくりくる。

jj4.jpg
jjqq.jpg
jj16.jpg
jj12.jpg
jj8.jpg

 動画は是非大画面でご堪能ください。画質の設定は、右下の歯車で最高画質を推奨します。

動画はYouTubeより

 ゴールドさんは、「日本はとても美しい場所で、美しい文化がそこにあった」と記している。映像につけられたBGMは、トニー・アンダーソンの「Daughters」。「旅の間ずっと頭の中をヘビーローテーションしていたよ。初めて聞いた時、ちょうど名古屋から京都に向かう新幹線の中で、雪景色とこの曲が織りなす世界は、まるで魔法みたいだった」と、語っている。サイトに寄せられたコメントに「Arigatou gozaimasu.」と返信しているところを見ると、「ミスターロボット」で一世風靡したStyx並みに親日家のようだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。