>  > 反同性愛者がルームメイト頭をハンマーで殴る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 広めのアパートをシェアする「ルームシェア」は若い人を中心に海外ではよくあるケースである。家賃が浮いて広めの部屋が気軽に借りれると人気だが、友人・知人だけでなく広告でルームメイトを募ったりと、見ず知らずの他人同士が同じ一つ屋根の下に暮らすことも珍しくはない。今回は絶対に一緒に暮らしてはいけない二人がルームメイトとして暮らしてしまった結果、とんでもない悲劇が起こった。


■頭がい骨にめり込むハンマー!

 イギリス在住のコナー・ハントリー君(18歳)がルームメイトにくぎ抜きハンマーで頭を殴られ重傷を負った。救急に連絡したのは犯人のジョセフ・ウィリアムズ(21歳)。「なんて言ったらよいか…僕のアパートで死んでるんだ。僕が寝てる彼の頭をハンマーで殴ったんだ…」と動揺しながらも救急に連絡し、駆けつけた救急隊が目にしたのは、頭がい骨にくぎ抜きハンマーをめり込ませたまま倒れているハントリー君であった。

homophobic1.JPG
頭がい骨にずっぽりと埋まってしまったくぎ抜きハンマー。イケメンなハントリー君だが頭部が元通りになることはないそうだ 画像は「Mirror」より

 被害者のハントリー君は生死を彷徨うほどの重症であったが、奇跡的に一命を取り留めた。しかし現在は癲癇(てんかん)を患い、ハンマーで殴られた跡も今なおはっきりと残っている。9月8日英紙「Mirror」に掲載された事件の残虐さがうかがい知れる現在のハントリー君の写真も掲載されている。

「ハントリー君が負った怪我は壊滅的であったが、死ななかったのは本当に奇跡だった」と裁判官は言う。「しかし、18歳のハントリー君のこれからの人生をすべて奪ってしまった。彼は同じ若者のように楽しむことはできないだろうし、二度と自立して暮らすことはできないでしょう」と語った。ハントリー君の人生をあっという間に奪ってしまった残虐なこの事件、ルームメイトだった犯人はなぜ犯行に及んだのだろうか?


■ルームメイトが殺人鬼に変わるとき…それは?

 ルームメイトだった犯人のジョセフ・ウィリアムズは事件の直前「同性愛者への中傷コメント」を残しており、近所の人にもコナー君が同性愛者ということがとても嫌だ、と漏らしていたという。

 ハントリー君の家族は「コナーは徐々に回復してきているわ。でもこの事件で彼自身が終身刑を受けたよう。人種・年齢・性別・同性愛の有無に関係なく誰もこのように凶悪で残忍な犯行を絶対に許すことはできない」と語る。

コメント

2:匿名2017年2月13日 16:55 | 返信

じゃあ女に欲情するのはキモくないのか?
ホモに襲われるって考えるやつって、いつも女を襲いたいって思ってる犯罪者予備軍なんじゃね?

1:匿名2016年7月 4日 13:02 | 返信

ホモって、もともと脳が同性に欲情するという、ぺドとかみたいにきもい性的な異常だからね
普通に人が心底きもちわるくてなにかされそうになったんじゃ
殴られても仕方ないと思うよ。元々脳の故障持ち笑

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。