>  >  > ポーランドでUFOと戦おうとした邦人が逮捕?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 先月21日、ポーランド東部のルブリンという街で、軍のヘリコプターにレーザーを照射したとして「シン・M」という邦人男性が逮捕された。日本ではほとんど話題にならなかったが、現地では大手大衆紙「Express」「Fakt」をはじめ、かなり刺激的な報道が飛び交っていたようだ。というのも、レーザーを照射した理由についてシン・M容疑者は「軍のヘリをUFOだと思い、“これは宇宙人の襲撃だ”と危機感を感じた」と語り、正当防衛であるとの主張を繰り広げたためだ。

PolandUFO.jpg
事件を伝える記事「Fakt」より

 報道によれば、シン容疑者は以前から鉈やスタンガンで武装し、妻や子供にも近隣住民をレーザー照射するよう指導していたという。また、自宅をケバケバしい色に塗り、周囲に石をバラ撒くなど、近所では「お騒がせ家族」として知られていたようだ。逮捕時も彼はカラフルな服で身を包み、大声を上げながら抵抗していたという。

 さらに、シン・M容疑者については元自衛官という経歴の持ち主との情報もある。所属については「海上自衛隊の情報部」、「特殊部隊」などバラつきがあるため確かなことは不明だが、果たして彼は、妄想が激しい単なる変人だったのだろうか?

 いや、一概にそう言い切ることはできない。今回はポーランドにおけるUFO事情を紐解いた上で、このシン・Mがなぜ逮捕されたのか、考察してみることにしよう。


■ポーランドUFO事情

●ポーランド版ロズウェル事件

 実はポーランドという国には、昔も今も多数のUFO目撃情報が存在している。その中でも最も有名なのは、1959年に同国北部グディニア湾にUFOが墜落したという「ポーランド版ロズウェル事件」(本家ロズウェル事件についてはコチラを参照)である。1959年1月23日の「ヴィエチェル・ヴィブジャジャ」紙が報じた内容は次の通りである。

“空飛ぶ円盤! グディニアの上空に?”
「今朝、本紙の責任者は驚くべき電話を受け取った。グディニア支局によると、本紙の読者であるグディニア港勤務のヴウジャミン・プォンチケル、及びヤドヴィガ・プォンチケル夫妻が、朝6時5分北西方向に空飛ぶ円盤を見たというのだ。発見された物体は大きな輪の形だったという。この円盤は、オレンジ色で周りがピンクがかっていた。それは一瞬の出来事で、円盤は空に何の痕跡も残さず建物群の陰に隠れてしまった」

 さらに同紙は「目撃した方は新聞社に連絡して下さい」と読者から情報を募集し、以後10数回にわたり、関連記事を掲載している。

PolandUFO_2.jpg
グディニア港のパノラマ「Wikipedia」より

 ポーランドのUFO研究家、ブロニスワ・ジェペツキー氏によると、当時目撃されたUFOは1メートルくらいの半円形で、最初はピンク色だったものが、どんどん赤くなって海上に墜落したのだという。墜落時、海面には1.5メートルほどの水しぶきも上がったようだ。

 そして、この事件には続報があった。墜落事件の数日後、グディニア港の警備員たちが海岸で、奇妙な金属製ユニフォームを纏った人間に酷似した姿のエイリアンを発見したというのだ。 エイリアンは未知の言葉を使い、顔や髪の一部が焼けていたらしい。病院に運ばれて医学検査が行われたが、検査の結果、人間とは異なる身体的特徴が複数確認されたそうだ。そして、身につけていた奇妙なブレスレットを取ると、エイリアンは死んでしまったと伝えられる。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。