>  > 【震災から4年】原発の現状を描いた良質な作品群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

■今回の映画『カリーナの林檎』

0304karina_main.jpg
※イメージ画像:『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~メモリアルエディション』

 今年の3月11日で、東日本大震災からちょうど4年目を迎える。あの2011年という年は、実に多くの劇場作品やテレビ番組が、震災被害に配慮した形で公開を自粛した年でもあった。だが反面、福島第一原発事故により原発に対する関心が急速に高まり、原発関連映画の上映は活況を呈していった。中でも監督の不祥事により封印されていた『カリーナに捧ぐ』が、完成から7年の沈黙を破って解禁されたことは、業界内外の注目を集めた。

 震災直後、津波シーンのある『ヒア・アフター』(クリント・イーストウッド監督)や『未来少年コナン』(宮崎駿アニメ)、大地震を再現した『唐山大地震 想い続けた32年』、放射能灰を撒き散らす怪獣が登場する『ウルトラセブン』第26話「超兵器R1号」などが公開打ち切りや延期、また放送中止となった。

71Z6OUSo6UL._SL1024_.jpg
画像は、『ミツバチの羽音と地球の回転』(紀伊國屋書店)

 一方で、全国各地で続々と上映されていったのが、ドキュメンタリー監督・鎌仲ひとみの『ヒバクシャ 世界の終わりに』(03年)、『六ヶ所村ラプソディー』(06年)、『ミツバチの羽音と地球の回転』(10年)や、喜劇映画を得意とする森崎東監督の『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』(85年)など、原発の現状を描いた良質の作品群だった。

 また、放射性廃棄物の最終処分場となったフィンランドの島に建造された施設に、世界で初めてカメラが入ったフィンランド映画『100,000万年後の安全』(マイケル・マドセン監督)は、渋谷アップリンク・ファクトリーが2011年の秋に公開を予定していたのだが、急遽繰り上げて上映。劇場は連日の満員となり、上映館は全国に拡大していった。

 そうした動きに足並みを揃え、2011年11月に公開された作品が、被曝したベラルーシの少女カリーナの日常を描いた『カリーナの林檎 チェルノブイリの森』だった。今関あきよし監督が、自らチェルノブイリにガイガーカウンターを持ち込み、甲状腺ガンや白血病に苦しむ子供達に直接取材をした力作中の力作だ(物語はフィクション)。この作品は当初『カリーナに捧ぐ』というタイトルで2004年に製作を終わらせていたのだが、公開を待つ矢先の2004年4月17日、今関監督の逮捕により7年間お蔵入りしていたのだ。

 当時の報道によると、今関監督は出会い系サイトを通じて知り合った当時14歳(中1)の女子生徒を「芸能人に会わせてあげる」などの謳い文句で誘い、現金2万円を渡し、川崎市内のホテルで淫らな行為をしたとして、神奈川県警少年課と港北署が児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で逮捕。懲役2年4か月の実刑を受けた。

 今関監督と言えば、少女アイドル映画に定評のある監督で、今でも根強い人気の伝説的作品『アイコ十六歳』(富田靖子主演、83年)でプロ監督デビューし、モーニング娘。のメンバーが出演した『モーニング刑事。 抱いてHOLD ON ME!』(98年)ほか、ハロプロ系の映像作品を多数手掛けた。輝かしい実績を残していただけに、事件が業界に与えた衝撃は大きかった。
 
 今関監督は、このタイミングで作品を発表することにした心情について、映画誌『FLix』の公式サイト「シネマトゥディ」(11年7月26日付け)のインタビューで次のように語っている。

本来この映画は福島第一原発事故前に、警告の意味を込めて上映すべきだったが、自分が犯した罪で公開が遅れ、スタッフを含めて多くの方にご迷惑をおかけしてしまった。このまま作品を眠らせておくことの方が自分の罪を広げるような意識もあり、また今の自分ができることはコレしかないと公開に踏み切らせて頂きました」

 日本人監督による遠い異国の原発事故を描いた作品が、皮肉にも日本で起きた原発事故によって陽の目を見る……。美しいベラルーシの風景の中で「悪魔」と戦う儚い命。震災4周年の機会に、改めてお勧めしたい1本である。

※動画:YouTubeより


■天野ミチヒロ
1960年東京出身。UMA(未確認生物)研究 家。キングギドラやガラモンなどをこよなく愛す昭和怪獣マニア。趣味は、怪獣フィギュアと絶滅映像作品の収集。総合格闘技道場「ファイト ネス」所属。著書に『放送禁止映像大全』(文春文庫)、『未確認生物学!』(メディアファクトリー)、『本当にいる世界の未知生物 (UMA)案内』(笠倉出版)など。新刊に、『蘇る封印映像』(宝島社)がある
ウェブ連載・幻の映画を観た! 怪獣怪人大集合

★天野ミチヒロの封印映画レビューまとめ読みはコチラ

関連キーワード

3.11

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。