>  > 究極の栄養食「ソイレント」を飲んでみた結果…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

ソイレント

,

川口友万

,

栄養食

soilent.jpg

 ソイレントはアメリカ人のロブ・ラインハートが開発した完全栄養食の飲み物(粉末に水を加え、液体にして飲む)。アメリカでは専用サイトがありオンライン販売されている。(soylent http://www.soylent.me/)
 栄養補助食品ではなく、完全栄養食。つまりこれさえ飲んでいれば、他に一切何も食べる必要がない。カロリーも栄養もビタミンもすべてが成人男性が1日に必要とする量を満たしている。

soilent00.jpg
ソイレントを開発したロバート・ラインハート

 開発者であり、販売元のRosa LabsのCEOを務める当時24才のロバート・ラインハートがソイレントのアイデアを思いついたのは朝食の目玉焼きを作っている時だった。

 (これから先、毎朝、どのくらいの数の膨大な卵を焼き続けるんだ?)

 そのことに気付いたラインハートは頭にきた。そしてこの問題を解決するには(当時の彼はソフトウェアエンジニアをしていた)、卵を焼くよりも簡単に短時間で完ぺきな栄養食を作ることだと考えた。また彼の年上の友人が病気で入院する姿も衝撃的だった。片腕が動かず、食事にも苦労していたからだ。もし調理の手間がいらない完全栄養食があれば、老人の生活はより良くなるだろう。

 問題はそんなことが可能か? ということだった。肉も新鮮な野菜も含まれない、粉末を水に溶くだけで栄養学的に完全に申し分のない食事を作ることはできるのか?

 試行錯誤の末、作られたのはオーツ麦の粉末と米から作ったタンパク質を基本に、大豆レシチン、食物繊維、ビタミンやマグネシウムなどの微量物質などを混ぜ合わせた粉末だった。これにキャノーラ油と魚油を加え、水を混ぜると乳白色のドロドロした液体ができる。これがソイレントだ。

 1食=148gのカロリーは、粉末だけの場合は510キロカロリー、オイルを加えると670キロカロリー。つまり1日に3食または4食で2000キロカロリー前後が摂取でき、1日に必要なカロリーをカバーすることができる。ラインハートは自らが実験台になり、ソイレントだけの生活を1カ月送った。その結果は極めて健康。そしてクラウドファインディングで資金集めをスタートした結果、当初の目標をはるかに上回る資金が集まり、ソイレント事業がスタートしたのだ。

■ソイレントを飲んでみる

 ソイレントはアメリカでの販売が始まったばかりで、日本にはまだ輸入代理店がない。『世界の伝統料理と特殊食材を食べる会』https://www.facebook.com/groups/258803734179182/ が個人輸入し、頒布会を開いたので買いに行った。

 白いラミネートパックに黒いフォントでシンプルにデザインされたソイレントのパックは、いかにもIT系の出身者が好みそうなデザインだ。1パックは447gなので、およそ3~4食分である。この全部をまとめて水1.66リットルに溶き、別添のオイルを加えてから、朝昼晩とおやつに飲む。

 試しに作ったソイレントを味見してみると、これはプロテイン? 他の参加者は口々に

「きな粉ですね、きな粉ミルク」
「たこやきを溶く粉みたい」
「おいしくもなきゃマズくもない」
「こんなの食卓に出されたらイヤミだ」
「毎日? これを? アメリカ人ってバカじゃないの?」

関連キーワード

コメント

3:匿名2015年9月15日 09:48 | 返信

素人のブログではないのだからアメリカに対する偏見などに基づかず客観的な記事を書いて欲しい

2:匿名2015年4月24日 15:47 | 返信

なんでこの記事こんな上から目線なの。あんたの個人コメントなんか知ったこっちゃないんだけど。

1:匿名2015年4月 3日 15:33 | 返信

「完全食」とあるけど、タンパク質、脂肪、炭水化物は当然含まれているとして、食物繊維、ミネラル(カリウム、ナトリウム、亜鉛、カルシウム、クロム、セレン、鉄、銅、マグネシウム、マンガン、モリブデン、ヨウ素、リン)、ビタミンABCDEKは全て適切な量が含まれているのでしょうか?
また、咀嚼しないことによる顎の筋肉が弱くなることや咀嚼が歯や脳に良い影響を与えるのがなくなってしまうことについては、何か代替措置はあるのでしょうか?

味はまあ、アメリカ人の異常な味覚を基準にすること自体、無意味ですから。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。