>  >  > 【人体の不思議】血液を持たない赤ん坊!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

アイルランド

,

出産

,

病気

,

,

赤ちゃん

 高齢出産が増えている現代では、奇形や何らかの疾患を抱えて生まれてくる赤ちゃんの数が増加傾向にあるという。これまでトカナでは、そのような先天性疾患の話題を数多くお届けしてきた。今回は、それらと比較しても耳を疑うような「血液を持たずに生まれた赤ちゃん」の話題をお届けしよう。

BornWithoutBlood.jpg
画像は「METRO」より引用

 2009年12月、血を持たない赤ちゃんことメイシーちゃんは、アイルランド南東部のウォーターフォード州で、予定日より6週間早く帝王切開で誕生した。しかし、医師たちはすぐに異変に気づく。なんと、彼女の血管を流れていたのは、血液の主成分である「血漿(けっしょう)」と呼ばれる黄色い液体に過ぎず、そこに赤血球を構成するヘモグロビンがまったく含まれていなかったのだ。

 ヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶ役割を担う。つまり、メイシーちゃんの血管を流れる液体は、血液としての機能を果たすことがないというわけだ。これは、妊娠中に母体が胎児の血液成分を吸収してしまう極めて珍しい現象の結果であると考えられている。

BornWithoutBlood_2.jpg
画像は「METRO」より引用

 数日生き抜くことさえ難しいと思われたメイシーちゃんだが、医師たちは集中治療室で輸血を試みる。そして2週間で3単位の輸血を受けたメイシーちゃんは、何とか一命を取り留めた。母親のエマ・ヴィーニュさんは、「依然として脳に障害が残る恐れがある」と説明を受けていたが、幸いにもメイシーちゃんの脳に異常は見られなかった。昨年9月18日付の英紙「METRO」などによると、今や完全に健康な体を手に入れたメイシーちゃんは、学校でも優等生だという。

「生後15週目、彼女が初めて『だーだー』という言葉を発した時、安心とともに胸に込み上げてくるものがありました」
「(運が悪ければ)まったく異なる結果が待っていたかもしれません」(エマさん)

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年8月22日 10:45 | 返信

バカ
そこが生物の神秘なんだよ
察しろ

2:匿名2016年7月 5日 17:27 | 返信

何故健康体になったのか
治療によって血液にどのような変化がおきて
克服したのかを書かないの?記事として失格

1:匿名2016年6月 7日 19:30 | 返信

すげえええええ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。