>  > 東村アキコの漫画『ヒモザイル』休載はもっと議論されるべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

ヒモザイル

,

平田宏利

,

漫画家

1105himoza_main.jpg
※イメージ画像:『ヒモザイル』モーニング公式HPより

 漫画家の東村アキコが『モーニング・ツー』(講談社)に連載していた『ヒモザイル』が休載となった。

 同作品は、“実録ヒモ男養成漫画”と銘打ち、うだつのあがらない自身の男性アシスタントたちを『ヒモザイル』と呼び、高収入のアラサー女性と結びつけるべく奮闘するルポ漫画だ。東村自身も主人公として登場する。

 ところが、主夫をヒモ扱いするといった描写にインターネット上で批判が殺到。これを受け、東村はTwitter上で「本作は実際の出来事を元に描いていこうと考えていたので、皆様からの反響に向き合わずに創作を続けることはできないと判断しました」と釈明し、漫画は休載となった。再開時期は未定だ。

「東村アキコさんは、自身の子育てを漫画化するなど私生活を公開している作家です。『ヒモザイル』もいわば、その延長線上にある企画と言える、いわば“身内ネタ”“業界ネタ”です。読者もそれを楽しんでいたところがある。ところがネットの正論に潰されてしまった形ですね」(漫画雑誌編集者)

 漫画家とインターネットの親和性は高い。基本的に家にこもり、原稿を描いているため、SNSが息抜きとなる。ファンとの交流や、作品の評価や感想などに触れられる一方、心ない言葉を目の当たりにすることもある。

「ネットの評判に一喜一憂してしまい、自分を見失ってしまう作家さんも多い。そのため、ネットは一切見ないという人もいるほど。ただ、どこからかメールアドレスを調べて、悪評が書かれた大型掲示板のURLを送りつけてくる厄介な自称ファンもいますね」(前出・同)

関連キーワード

コメント

5:匿名2015年11月10日 18:23 | 返信

表現の自由というもので擁護するなら、批判側にも表現の自由という物はあるのだからイーブンだな。
実際、表現の自由は別に潰されてないでしょ。スポンサーが降りたというだけ。
金がもらえないから続きを描けないことと、表現の自由は違う。

4:匿名2015年11月 9日 03:44 | 返信

昭和初期もこんな感じで「気づいたら・・・」だったのでしょうかね

3:匿名2015年11月 9日 02:45 | 返信

>2
おいw
男と女の役割というものがあるだろ。

出産して育児や家庭の仕事をする女はヒモとは言わない。
男は戦うために生まれてきてるんだ。

2:匿名2015年11月 8日 19:25 | 返信

その理屈だと主婦もヒモだなw

1:匿名2015年11月 8日 18:24 | 返信

外で戦って働かない男をヒモと言って何がおかしいのだろうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。