>  >  > なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
uchutokubana.jpg
※画像をクリックすると、全・特集記事が閲覧できます

 宇宙人はいまだ未知の存在である。だが、アメリカには、ある時期から「エイリアン(宇宙人)に誘拐された」という人々が現れ始める。彼らのエピソードは、驚くほど似通っているのはなぜなのだろう。

 この疑問の真相に迫ったのが、『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』(早川書房)である。著者のスーザン・A・クランシーは心理学者だ。新聞広告に「エイリアンに誘拐されたことがある人を求む」と呼びかけ、多くの体験者と出会ってきた。

1127eirian_main.jpg
※イメージ画像:『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』早川書房

・アブダクションの特徴5

・事件は夜

 アブダクション(誘拐)は大抵、夜に起こる。被害者が眠っている時、あるいはひとりで車に乗り郊外を走っている時などに、知らぬ間に誘拐される。

・目撃者はいない

 その瞬間を目撃する第三者はおらず、写真や音声などの証拠もない。ほとんどが個人の証言に依拠した体験となる。

・記憶が飛んで船内へ

 次の記憶はUFOの船内のような場所。

・人体実験

 寝かされた自身の体に宇宙人が、人体実験を行おうとしている。その際、実験箇所は下半身に集中し、男性は精液を抜き取られたり、精巣組織のサンプルを取られたりする。また女性も、体に棒を差し込まれ卵子を取られる。中には宇宙人とセックスをして、子供を妊娠したと証言する女性までもいる。記憶は麻酔をかけられたようにおぼろげであり、はっきりとはしていない。

・謎のアザ

 目を覚ますと、体には手術痕とみられる傷跡やアザが残っていることもある。

 これまで、こうした体験は俗説では、幼少期の虐待が影響しているとされてきた。幼少期におけるおぞましい性的虐待の体験が抑圧され、宇宙人誘拐の記憶へと転化する。真犯人はほとんど親兄弟など身内の犯行のため、名乗り出るわけにもいかず、真実はうやむやにされたままというものだ。

 だが、ことの真相は、幼少期の虐待だけにとどまらないことが、本書では言及されている。宇宙人による誘拐被害の経験者たちはアブダクティと呼ばれ、むしろ、珍しい体験を喜ぶ向きもあり、相互に交流を持つほどなのだ。彼らには共通項がある。

コメント

5:匿名2017年9月 2日 21:05 | 返信

納得だね。買いたくなるほど良い本だ。 (鴨ネギ感満載w)
でもほんと思うわ。
日本人にエイリアンを書かせたら、おそらくイカ・タコな絵が出てくるぞw 

火~火金金♪ 火~金金~♪(古っ)

4:匿名2015年12月31日 03:01 | 返信

光速で飛ぶような技術を持っているやつらが、こんな原始的な方法を使うか!?ヴォケがぁ!!

3:匿名2015年12月 7日 18:45 | 返信

ちなみに光速の99.9999%で飛ぶ宇宙船の中での1時間(3,600秒)は、地球上での2,544,704秒(706時間=29.5日)に相当します。これは宇宙船の中での1時間が、地球での約1ヶ月に相当する事を示しています。
 
もし、この速度(光速の99.9999%)で「1日」飛び続けると、地球上では「約2年」が経過します。さらに「25日間」飛び続ければ、地球上では「50年」が経過します。
 
もうお分かりでしょう。光速で飛ぶ宇宙船を持つ知的生命から見れば、地球上の人間にとっての50年は、1ヶ月にも満たない「短期間」の時間経過に過ぎないのです。

2:匿名2015年12月 4日 17:07 | 返信

※1さんに補足
 
筆者さんはウラシマ効果って知ってますか?光速に近づくほど時間が遅れて進む相対性理論で説明されている現象です。現代の我々の生活を支えているGPS衛星も、このウラシマ効果を見越した時間修正プログラムを搭載・利用しています。もしこれを無視すれば地上と衛星の時間差が大きくなりすぎて、GPSは役に立たないでしょう。
 
さて、本題です。仮に光速の98%の速度で、恒星アルファケンタウリ(4.39光年)まで往復したとしましょう。この旅の間に地球で何年が経過してしまうでしょうか?答えは 4.39×2×5.02=「44.1年」です。宇宙船の中では約10年しか経過しませんが、地球では44年も経過します。これがウラシマ効果です。
 
つまり、50年なんて宇宙のスケールで考えれば「あっという間」なのです。隣の恒星まで行って帰ってきたら普通に経過する時間です。地球人的な時間の尺度で物事を捉えるのは、いささか早計です。宇宙的な尺度を持って見ると、すべてのものの見方が劇的に変わっていくでしょう。

1:匿名2015年12月 4日 15:18 | 返信

賢いはずの宇宙人が50年間同じ誘拐方法を用いていることで, 最近考えたことがあります。
きっかけは映画インターステラーです。
重力が強いところでは時間が遅く流れるという描写がありました。
もしかするとエイリアンは地球よりも強い重力の流れている場所を拠点にしているのかもしれません。
つまり, ここ50年間に起こった地球でのアブダクションは, 宇宙人の時間感覚ではほんの数分間で行った作業なのではないでしょうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。