>  >  > 雲に空いた穴! オヘア空港のUFOと同じ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 12月4日、カナダ・オンタリオ上空の雲に信じられないような異変が発生した。世界最大のUFO研究機関「MUFON」に投稿された写真に収められていたのは、もくもくとした白い雲の中に不自然にぽっかりと開いた巨大な穴だ。そんな摩訶不思議な光景だが、現在UFO研究家たちの間に「あの『オヘア国際空港UFO事件』と同じではないか」として動揺が広がっている。

UFOinClouds.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用


■「オヘア国際空港UFO事件」とは?

「オヘア国際空港UFO事件」とは、2006年11月7日の午後4時から4時半にかけて、米・シカゴのオヘア国際空港で円盤型UFOが多くの人に目撃されたという事件である。目撃者によると、C17ターミナルの上空、雲のすぐ下にメタリックな直径10mほどの飛行物体が現れた。UFOは空中で15分ほど静止したのち突然上昇、そして雲をくり抜くようにハッキリとした穴を開けて姿を消したという。

ドキュメンタリー 動画は「YouTube」より

 その時、監視レーダーに異常なものは何も映っていなかったにもかかわらず、付近上空を飛行中のパイロットから管制塔に「円盤のような飛行物体がいる」との連絡があったそうだ。このパイロットを含む目撃者のほとんどはユナイテッド航空の従業員たちだった。この謎多き事件をアメリカ中西部における主要新聞『シカゴ・トリビューン』まで大々的に報道、現地はしばらくこの話題で持ちきりになった。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。