>  > 「雲の上の巨人」が飛行機から激写される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ミシュランマン

,

ロボット

,

巨人

,

,

,

飛行機

 昔むかし、空を見上げた私たちの祖先は、フワフワと浮かぶ雲から大いなる神秘を感じ取っていた。その上に乗ることができ、天空世界が存在するのではないかと夢見たのだ。日本最古の物語『竹取物語』で、かぐや姫を迎えに月からやって来た天人たちも雲に乗っていた。そして今、そんな人類の想いを呼び覚ますかのような光景が激写され、世界に激震が走っている。まずは問題の写真をご覧いただこう。

IronGiant.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 一面に広がる雲海と、真っ青な空――しかし、よく目を凝らして見てほしい。白い雲のカーペットに佇む何者かの姿がある! 2本の足でしっかりと雲を踏みしめ、直立不動の姿勢をとっているではないか!!

 今月15日付の英紙「The Daily Mail」によると、これは高度約9,000mの上空を飛行中だった旅客機の窓から見られた光景だという。撮影者のニック・オドナヒューさん(30)は、オーストリアから母国アイルランドのコークへと帰るため、英国の格安航空会社イージージェットの便に搭乗していた。

「スキー旅行から戻るフライトでのことでした。私は窓側の席に座っていて、隣には同僚が座っていました。彼らはおしゃべりに夢中でしたが、私はもう、窓から目が離せなかった」
「後ろの席の女性たちにも教えてあげましたが、みんなびっくりしていましたよ。(人影が確認できたのは)時間にして2分くらいです」(オドナヒューさん)

IronGiant_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 帰国後、オドナヒューさんが写真を公開すると大反響。謎の人影をめぐり、インターネット上では「巨人ではないか」「映画『アイアン・ジャイアント』のロボットにそっくりだ」「いや、神だよ」など、さまざまな議論が巻き起こっている。「工場や発電施設の煙突から排出された煙ではないか」という声もあるようだが、いまだ誰にも正体はわからない。目撃証言を信じるならば、合成された可能性も低いだろう。

「私にとってはミシュランマンに見えますが、正直なところ、何なのかさっぱりです」
「工場から立ち上る煙の熱が、雲を押し上げているのではないかとの指摘もあります。でも、じっくり見てみれば、そんな感じではないことがわかるはずです」
「単なる不思議な形の雲なのかもしれない。とにかく、専門家に説明してほしい」(オドナヒューさん)

 雲の上で仁王立ちする人影の正体とは、一体何だったのか? まばゆい光に包まれたその姿からは、やはり何らかの「神意」が感じられる気もするが――。謎は深まるばかりである。
(編集部)


参考:「The Daily Mail」、「JOE.IE」、ほか

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年3月11日 15:17 | 返信

ここだけ雲が盛り上がっていてその形がたまたま人っぽくなっただけだよ。 その部分の雲が太陽光を遮って影が出来ただけ、影を作るのに固形とか不定形とかの条件はない。 太陽光を遮れるだけ厚さがあれば十分。

夢やドラマの見すぎ。

1:匿名2016年2月25日 10:35 | 返信

ほんとなんだろうかって半信半疑な気持ちと(何かの合成?)
そして驚き

何よりも驚いたのはそこに影があるってことです(周りは真っ白で)
そこに物体が無かったらまず影(下にも)も出来ないし(しかも人型に)
これがほんとの話なら、そこには確かに人型の物体が存在していたってことになりますよね
そういった事でまたより真実味もあるというか

あとはその時の太陽の位置がどうだったのかって、そこが気になりました
第三者から見ると実際に見たわけじゃないからつい疑ってしまって申し訳ありませんが

不思議なことって沢山あるけど
こういうニュースにも興味あります

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。