>  > シリア難民の悲惨な現実を訴える衝撃映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

NGO

,

イギリス

,

シリア

,

国連

,

難民

MostShocking_5.jpg
画像は「YouTube」より引用

 悲惨な紛争が続くシリアから他国へと逃れてくる難民は、各国の政治をも左右する深刻な国際問題となっている。ヨーロッパ各国では受け入れの賛否をめぐり世論が二分、難民にとっては自国に留まれば命が危険、向かう先でもお荷物扱い――と、まさに八方塞がりの状況といえる。安倍首相のもとで「積極的平和主義」を標榜する日本に対し、緒方貞子・元国連難民高等弁務官は「難民の受け入れも積極的平和主義の一部だ」と訴えるが、消極的な姿勢が変わる気配はない。今後、どのように多数の難民と向き合うのか、国際社会は解決の糸口を見出せずにいる。


■現代のイギリスで内戦勃発、少女が難民に!?

 そのような中、難民たちが置かれた窮状を訴える1本の動画がイギリスで公開され、大きな反響を呼んでいる。まずは話題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 舞台は内戦によって荒廃しきったイギリスだ。銃弾が飛び交い、空からも爆弾が降り注ぐなか、少女は母親とともになんとか毎日を生き抜いていた。兵士として参戦したためだろうか、父親は行方不明だ。

MostShocking.jpg
画像は「YouTube」より引用

 そんなある日、ボロボロの住処に銃を持った兵士たちが踏み込んできた。帰る場所を失った母娘は、難民となって国外へと脱出することを決意。途中、バスが銃撃を受けるなど数々の危険に見舞われながらも、なんとか港へと辿り着いた2人。ところが、難民ボートのスペースが足らず、少女は母親と離れて1人で国外へと逃げることになる。「いつか必ず見つけ出す」――母と固い約束を交わしながらも、こわばった顔の少女。しかし、そこでさらなる悲劇が彼女を襲う。乗り込んだ難民船が、嵐で転覆してしまうのだ。

関連キーワード

NGO

コメント

8:匿名2016年6月29日 16:45 | 返信

こんなもんであっさり洗脳されるほど最近のネット民はチョロくないよ?wwwwwww

7:匿名2016年5月17日 10:08 | 返信

日本も難民を受け入れろとか、冗談じゃない
ただでさえ特異な文化の平和ボケ単一民族国家で、馴染む気もない被害者ヅラの難民なんか受け入れたらどんな大惨事になるかわかったもんじゃないね、絶対反対

6:匿名2016年5月13日 01:39 | 返信

受け入れろとは言わないが日本も支援するべきだ
湾岸戦争の時のように「日本は金だけだしてリスクを負わない」と批判されるだろうが何もしないよりマシだ

5:匿名2016年5月12日 06:12 | 返信

可哀想だけど日本での受け入れは現状維持で

4:匿名2016年5月11日 12:17 | 返信

カトリックとプロテスタントが争ったり
棄教した奴を殺したりとか
無茶苦茶な宗教の映像も入れたら良いと思うんだけどね

3:匿名2016年5月11日 11:32 | 返信

考えようによっては2分でどうのって程度の問題だとも取れるなw
なんにせよ対岸の火事って現実は動かないw

2:匿名2016年5月11日 11:01 | 返信

ってか、難民って何で同じイスラム圏に逃げないの?
わざわざ文化も風習も違うキリスト教圏に行って権利の主張とかおかしい
侵略でしかない

1:匿名2016年5月11日 10:38 | 返信

>たまたま戦争のない地域に生まれてきたにすぎない

たまたまじゃないと思うよ。
全て必然なんだからさ。
紛争国に生まれた意味とか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。