>  >  > 顔面ドロドロ女の顔を“取り替える”手術映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 これまでもトカナでは「神経線維腫症」に悩む患者を紹介してきた(参照:「双子の片方はエレファントマン ― アダムとニールの苦しくて強い人生=イギリス」、「エレファントマンの頭蓋骨はこうなっている ― 伝説の男ジョセフ・メリックの異常な骨」)。

 この病気は、皮膚の至る所に良性腫瘍が多発するとともに、骨や脊髄神経に異常をきたし、激しい痛み、学習障害、視力や聴力の異常、さらに歯や舌が使えなくなり飲食や会話もできなくなるケースが多い。悪性化することもあるが稀なことで、他人に感染もしないが、とにかく非常に特異な外見となり、患者自身の精神的苦痛は計り知れない。そして治療法はいまだに見つかっていない。


■23時間に及んだ顔面移植手術

 この巨大な「神経線維腫症」を患うポーランド人女性(名前はジョアンナとだけ発表されている)は、3年前にポーランドでは2度目という大がかりな顔面移植手術を受けた。そして手術後3年の治療期間を経て今、記者会見に場に現れた。

23facialtransplant1.JPG
手術を受ける前のジョアンナさん 「Daily Mail」の記事より

 ポーランド西部の都市、グリヴィツェの「マリア・スクウォドフスカ・キュリー記念癌センター/腫瘍学研究所」で行われた記者会見でのジョアンナさんは見違えたように元気そうで、額と首の傷跡だけが術後を物語っている。

23facialtransplant2.JPG
手術後1年経過の記者会見 「Daily Mail」の記事より

 ポーランドでは現在までのところ、ジョアンナさんともう1例しか顔面移植手術が行われていない。両ケースとも手術を執刀したのはアダム・ マチユスキー博士で、初の顔面移植は石工機械によって顔を引き裂かれてしまった男性だった。27時間を要する大手術だったという。その手術は事故後すぐに実施されたが、以前は顔面移植には数カ月、あるいは数年の準備期間が必要と考えられていた。男性の顎、口蓋、眼窩領域は再建されたが、患者はまだ回復途中といわれている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。