>  >  > 南極の水中に隠れる巨大UFOが激写される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
UrsusMaritimus.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 昨年夏頃から、北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、謎の“怪音”が鳴り響いていることは、過去にトカナでもお伝えした。怪音の影響か、ホッキョククジラやアゴヒゲアザラシ、ワモンアザラシなどの野生動物が、この海域から姿を消してしまったという。狩猟を生業とする地元のイヌイットは大きな打撃を受け、強い危機感を募らせているのだ。


■海洋哺乳動物? 潜水艦? 集団幻想?

Arctic_noise02.jpg
”怪音”が報告された海域。画像は「Daily Mail」より引用

「AFP BB NEWS」(1月20日付)が伝えるところによると、カナダ軍は今月19日、怪音の原因を究明するため、音響の専門家2人を現地に派遣し、パトロールを実施することを発表した。軍は昨年11月にも、センサー装置を搭載した哨戒機を出動させたが、異音は確認されず、結局のところ調査は進展しなかった。それだけに、今月25日から2月2日まで実施されるという今回のパトロールにかかる地元住民の期待は大きい。

 地元猟師らによって怪音が確認されたのは、北西航路とハドソン湾の間に位置するフューリー・ヘクラ海峡沖合だ。複数回にわたって確認されたビープ音は、大きく、そして海の底から聞こえてきたという……。

 海洋哺乳動物が不気味な声を発しているのか? 海中に外国の潜水艦が潜んでいるのか? いや、猟師たちは集団幻想にとらわれていたのではないか――? とさまざまな憶測が飛び交っているのだが、今回また新たな可能性が浮上してきた。なんと、問題の海域のはるか彼方、南極の水中に身を潜めるUFOが発見されたというのだ!

 もちろん、カナダ沖合の怪音と直接関係があるとは考えにくい。しかし、人を避け、南極や北極といった氷に閉ざされた水中に停泊するという習性をUFOが持っているならば、同様のUFOが北極圏にも存在し、謎の怪音を発していた可能性は十分に考えられるだろう。

 今回、グーグルアースによって南極の海中でUFOらしき物体を発見したと報じたのは、UFO目撃情報を配信するウェブサイト「UFO SIGHTINGS HOTSPOT」(1月16日付)。地球内外のあらゆる謎を追い続けるYouTubeチャンネル「Extranotix Misterio」は、その記事を元に問題の物体に迫る映像を作成した。まずは、その動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より引用
Arctic_noise03.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

コメント

5:匿名2017年1月26日 11:37 | 返信

もっとすごいのが、写し出されている物が数多く持っているけど、出版社などからは、単独で放送やニュースに出来ないのが数多くあるんでしょ。圧力とかかかって。実際 自分が持っている物を教えても無視の状態。結局 どこかの機関が提出した物なら圧力もかからず安全だから遅れてニュースにしているだけ。もっとすごい物が沢山あるのにな。自分はyouチューブに流しているけど。

4:匿名2017年1月26日 11:36 | 返信

もっとすごいのが、写し出されている物が数多く持っているけど、出版社などからは、単独で放送やニュースに出来ないのが数多くあるんでしょ。圧力とかかかって。実際 自分が持っている物を教えても無視の状態。結局 どこかの機関が提出した物なら圧力もかからず安全だから遅れてニュースにしているだけ。もっとすごい物が沢山あるのにな。自分はyouチューブに流しているけど。

3:匿名2017年1月26日 11:35 | 返信

もっとすごいのが、写し出されている物が数多く持っているけど、出版社などからは、単独で放送やニュースに出来ないのが数多くあるんでしょ。圧力とかかかって。実際 自分が持っている物を教えても無視の状態。結局 どこかの機関が提出した物なら圧力もかからず安全だから遅れてニュースにしているだけ。もっとすごい物が沢山あるのにな。自分はyouチューブに流しているけど。

2:匿名2017年1月26日 05:12 | 返信

スコット・ウェアリング教徒をトカナから追い出した方がいい・・・・・・
必ずしも、
オカルト好き=低知能。
ではないんだよ。

1:匿名2017年1月26日 00:25 | 返信

よりによって南極からもっとも離れた場所で起きた事件とこじつけてどうすんだよ。
しかも共通項は怪事件てだけ。
これじゃあもう、世界中で起きる怪事件は南極のUFOの仕業でいいわ。
関係妄想に苦しむ統合失調症患者みたい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。