>  >  > 「地球外生命体」の姿を生物学者が3Dで作成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 先月、地球から39光年離れた赤色矮星「TRAPPIST-1(トラピスト1)」を取り巻く7つの惑星のうち3つに地球型の生命体が存在する可能性をNASAが大々的に発表した。いよいよ「地球外生命体」の存在が現実になりつつある中、トカナでは発表直後に「トラピスト宇宙人」の予想イメージを世界に先駆けて公開したが、この度、ついに生物学界からも“科学的に最もありそうな”地球外生命体の姿が提出されたとのニュースが飛び込んできた! 英紙「Daily Mail」(3月6日付)が報じている。


■生物学者が予想する「トラピスト生物」

動画は「Sketchfab」より引用

 オーストラリア・フリンダース大学で生物学を教えるブライアン・チュー教授と、グラフィックアーティストのスティーブ・グライス氏がタッグを組み、赤色矮星系に存在しそうな生命体の3Dイメージを作成した。

 チュー教授は、この生物の特徴を次のようにまとめている。

・地上も歩きまわれるような両生類(水陸両生)である可能性が高い
・激烈な太陽光や砂嵐、捕食者から身を守るため、鎧のような装甲版と分厚い皮膚を備えている
・地面に生える地衣類や地中の根茎を食料にしている
・食料を掘り出すため/地面に穴を掘り太陽フレアから逃れるため、強靭な前腕を持つ
・赤色矮星は太陽よりも遥かに少ないエネルギーと光を発しているため、それらを効率よく摂取するための透明な皮膚を持つ
・強烈な風に吹き飛ばされないため流線型をしている

トラピスト1にいる「地球外生命体」の姿を生物学者が3Dで作成!自意識ある植物の存在も言及、 ハーバード教授も重大発表の画像1
画像は「Sketchfab」より引用
トラピスト1にいる「地球外生命体」の姿を生物学者が3Dで作成!自意識ある植物の存在も言及、 ハーバード教授も重大発表の画像2
画像は「Sketchfab」より引用

 パッと見たところ、両手が生えた「シュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)」といったところだ。やや気色悪い口元は、水槽のコケ取りに活躍する「プレコ」のそれを模したのだろうか。いずれにしろ地球上には存在しそうにない奇妙でキモイ生命体だ。

「トラピスト1の系外惑星に生命体が存在するとしたら、地球の生物とは随分異なっていることでしょう」(チュー教授)

 分厚い肌、嵐への適応、常に全裸など、トカナでご紹介した「トラピスト宇宙人」の特徴ともほぼ一致している。この生物が高度な知性を持つ段階にまで進化すれば、我々の予想イメージにさらに近づくだろう。

コメント

3:匿名2017年4月25日 16:13 | 返信

想像?CG? どうであれ、こんな研究をして食っていける研究者は幸せものだなw
てか、ろくなもんじゃねえなあって気もしないでもないが、その大学、だいじょうぶなのか?
まあ、世間に関心を持ってもらいたいってことなんだろうけども、こんなんじゃねえ・・・
実際、取り上げるメディアといえば、ムーかトカナ、あとはせいぜいナショジオあたりでしょ?

2:匿名2017年3月 8日 16:46 | 返信

なぜだろう。すごくエロい。

1:匿名2017年3月 7日 19:59 | 返信

2月23日の記事と全然違う姿でガッカリだわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。