>  > 【アジェンダ21】2030年までに人口の95%が削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 いわゆる“陰謀論”で語られていることのひとつに、聖書による“最後の審判”を偽装して意図的な人口削減が企てられているという“計画”がある。ではこの“最後の審判”でどのくらいの人口が減らされるというのだろうか。


■2030年までの地球人口の95%が“削減”される?

 地球規模での人口削減ということになれば、ある意味で国際的な“協調”が必要になってくるだろう。一説では人口削減についての国際社会のガイドラインになっているといわれているのが、1992年6月にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミットで採択された「アジェンダ21である。

 アジェンダ21は、貧困の撲滅や環境汚染対策など、将来への持続可能な文明を実現するための国際的な行動指針である。4つのセクションから構成されており、各組織の役割や具体的な実施手段も策定済みで、単なる努力目標の理念や理想だけを掲げたものではないのが特色だ。つまり各国がすぐに取り組み、着々と実施することに主眼が置かれているのである。

 条約のような拘束力はないアジェンダ21だが、とにかく実際に各国に取り組んでもらうことが最優先であるようだ。そしてどういうわけかこれまでに何度か内容が改定されているという。

agenda21conspiracy1.JPG
 「Agenda21」より

 オルタナティブ保守系サイト「End Of The American Dream」によれば、アジェンダ21は1997年、2002年、2012年にまず大きな修正が施されたということだ。そして2015年にさらに具体的な方針を盛り込んだ改訂版が作成され、9月に米・ニューヨークで開催された国連のサミットで発行されることになった。その内容は、2030年までになんとしても実現すべきことを“待ったなし”で各国に迫るものであったのだ。そして暴露系情報サイト「Disclose.tv」などによれば、提言の中には明らかに人口削減をもくろむガイドラインも含まれているという。

「環境に対して、人間社会が影響を及ぼしているどの地域においても、国連をはじめ政府と大組織による、地球規模、国家規模、地域規模の包括的な実施計画が行われることになります」(「アジェンダ21」より)

 環境破壊と人口過剰による持続可能性の危機の問題に直接有効なのが人口削減であるという。ではどの程度の人口削減が2030年までの達成目標として掲げられているのか? なんと、現在地球上で70億人を突破した人口の95%が“削減”されることになるという。我々のまずほとんどが2030年までに“削減”されてしまうというのはかなりの衝撃だ。

コメント

6:匿名2017年3月18日 14:20 | 返信

中国は
粛清の嵐《文化大革命》に続き
環境汚染による病死狙い《汚染大革命》を実行中なんだろ


5:匿名2017年3月17日 22:46 | 返信

現実的に無理と思われ

4:あ2017年3月16日 06:52 | 返信

大事なことなので2回言いました

3:匿名2017年3月16日 02:39 | 返信

日本はアニメとか漫画、お一人様の楽しさを植え付けてたら勝手に減ってるよね。ガイドストーンに日本語が無いのも納得だ。

2:匿名2017年3月16日 00:09 | 返信

生物兵器とかウィルス使う。中南米やアジアは試験的に撒かれたりしている。地下鉄で神経ガス撒いたり、実験成果を見てる

1:匿名2017年3月15日 16:21 | 返信

恐いね
人口の多い中国とインドはどうやって減らす気だ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。