>  >  > Wi-Fiの100倍速の爆速無線通信「Li-Fi」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 今年から「第5世代移動通信システム(5G)」の実証実験が始まるそうだ。今ある4Gの次世代規格で、LTEの1000倍という超大容量化が期待されているというから、高速通信はまさに破竹の勢いで進化を続けている。だが、この5G技術には屋内での電波干渉や壁等の障害物による電波減衰といった課題が残されている。そこで今、新技術として注目を集めつつあるのが、“Li-Fi”(ライファイ)だ。


■LED電球のライトで通信するLi-Fiとは?

 ニュージーランドのニュースサイト「NZ Herald.co.nz」(3月18日付)によると、Li-Fiは「Light Fidelity」の略で、LEDを使った光空間無線通信の一種だという。“電波”ではなく、LED電球に100%依存する“光波”を使うデータ通信方式なのだ。

lightbasednetworks1.JPG
 画像は「pureLiFi」より

 2017年現在、Li-FiはラボテストでWi-Fiの100倍速に相当することが確認されている。また、Li-FiはWi-Fi同様無線通信だが、Wi-Fiと違って電波の渋滞からは解放され、さらに大量の電力を消費する電波塔が必要ないため、エネルギー効率も高い。なにより、Li-FiはLED電球のライトが直接当たるスポットでなければ利用できないため、屋外からは屋内のシステムに侵入することは不可能となり、セキュリティ面ではWi-Fiよりずっと安全といえそうだ。

lightbasednetworks2.JPG
 画像は「Daily Mail」より

 この新しい通信システムは、ドイツ人物理学者ハラルド・ハース教授が率いるオランダ・アイントホーフェン工科大学の研究者チームにより開発されたものだが、ハース教授は2015年9月に行われた「TED Talks」の講演中で、「3年以内の商用化を視野に入れている」と鼻息も荒い。特筆すべきは、Apple社がLi-FiをiOSでテストしており、次世代iPhoneに搭載するのではとささやかれている点だろう。

関連キーワード

LED

コメント

1:匿名2017年4月 6日 08:28 | 返信

すげえ。楽しみだ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。