>  > ビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 の画像1
ビル・ゲイツ「Business Insider」より引用

「マイクロソフト」社創業者ビル・ゲイツ氏が、13年以内に起こる出来事7つを予言していたことが判明。世界最高峰の経営者が語る驚愕の未来をご紹介する。


■ビル・ゲイツの未来予言

 ゲイツ氏は1999年にも多くの予言をし、その高い的中率で業界人の度肝を抜いた。たとえば、価格評価サイトの隆盛、スマートフォンの出現、オンライン上での支払い、IoT(モノのインターネット)の出現、SNSの普及など、今日ではその予言のほとんどが実現している。この度の予言も、世界の動向を見極める上で必見の内容だ。「Futurism.com」(5月13日)の記事を参考にみていこう。


1、「15年後、3300万人が感染病により1年以内に死ぬ」

 ミュンヘン安全保障会議での発言。空気感染する病原菌が、突然変異、事故、テロリストによる生物兵器の使用などにより、世界中にばら撒かれる危険性があるという。

 中世ヨーロッパを襲った黒死病(ペスト)はヨーロッパ人口の3分の1が死に、1918年に発生したスペイン風邪では5000万人~1億人が死亡した。衛生環境が整った現代では爆発的な感染拡大は起こりにくいように思うかもしれないが、大都市への人口集中により、むしろ感染病の拡大が深刻な被害をもたらすとの見方もある。

的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

2、「食糧生産においてアフリカ諸国が自給自足を実現する」

 ゲイツ氏によると、構造変化によりアフリカの食料自給率が100%になるという。ゲイツ氏が挙げている理由は3つ。

 1つ目に、改良された肥料や穀物による生産効率の劇的な向上が見込まれること。

 2つ目に、各種インフラが整備されつつあること。たとえば、ガーナでは高速道路が拡張され、生産地から消費地への輸送が容易になり、セネガルでは高速道路のチェックポイントを廃止することで渋滞を回避している。

 3つ目に、携帯電話やスマートフォンが普及し、気象予報や市場価格などを容易に調べることができるようになったことを挙げている。

関連キーワード

AI

コメント

1:匿名2017年5月16日 14:59 | 返信

予言してるのに、MSってネットじゃリーディングとは呼べないよね笑
AzureもようやくAWSに追いつきつつあるけど
貧困層のモバイルバンキングもビットコインの類だが、MSが幅きかせてるわけでもない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。