>  > 毒殺、銃殺、絞殺…プーチンを否定して暗殺された批評家5人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
毒殺、銃殺、絞殺…プーチンを否定して暗殺された批評家5人! 不可解な死のオンパレードに驚愕!の画像1
画像は「Washington Post」より引用

 今年3月23日、ウクライナに亡命していた元ロシア下院議員デニス・ボロネンコフ氏が、ウクライナの首都キエフにあるプレミア・パレス・ホテルから出てきたところで銃撃を受け、死亡した。かねてよりプーチン大統領批判を繰り返してきたことへの報復とみられ、事件後、ウクライナ政府は、国家的テロであるとしてロシア政府を非難した。

 これまでプーチン大統領を公然と非難し、不可解な死を遂げたジャーナリスト、政治家、実業家は30人以上とも言われているが、今回はその中から、米紙「The Washington Post」(3月23日付)を参考に、プーチンに殺されたと思しき5人の勇敢な非難者たちをご紹介したい。


■アンナ・ポリトコフスカヤ(2006年死亡)

毒殺、銃殺、絞殺…プーチンを否定して暗殺された批評家5人! 不可解な死のオンパレードに驚愕!の画像2
生前のアンナ・ポリトコフスカヤ氏「Washington Post」より引用

 アンナ・ポリトコフスカヤ氏は、露紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」の記者として活躍しながら、『プーチニズム 報道されないロシアの現実』やチェチェン紛争におけるロシアの責任を追及した書籍を通して大々的にプーチン批判を行っていた。

 舌鋒鋭いプーチン批判で名を馳せていたポリトコフスカヤ氏の射殺体がモスクワ市内の自宅アパート建物エレベーター内で発見されたのは2006年10月7日のことだった。2011年には、実行犯と思しきチェチェン人ルスタム・マフムドフの身柄が拘束され、同年8月には殺害を指揮した容疑でモスクワ警察の元刑事ドミトリー・パブリュチェンコフも拘束された。しかし、パブリュチェンコフ氏に殺害を依頼した真の黒幕は未だ明らかになっておらず、殺害に関しては、何かしら政治的な思惑が働いているのではないかとの見方が今も根強い。

 反プーチン派・人権派のジャーナリストの暗殺はその後も続いた。ポリトコフスカヤ氏の意志を引き継ぎ、人権問題に取り組んでいた弁護士スタニスラフ・マルケロフ氏と、マルケロフ氏と共にいた「ノーヴァヤ・ガゼータ」紙のフリージャーナリストだったバブローワ氏も2009年1月19日に何者かによって2人揃って射殺されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。