毒殺、銃殺、絞殺…プーチンを否定して暗殺された批評家5人! 不可解な死のオンパレードに驚愕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■セルゲイ・マグニツキー(2009年死亡)

毒殺、銃殺、絞殺…プーチンを否定して暗殺された批評家5人! 不可解な死のオンパレードに驚愕!の画像3生前のセルゲイ・マグニツキー氏「Washington Post」より引用

 セルゲイ・マグニツキー弁護士は、アメリカ人実業家ウィリアム・ブローダー氏の依頼を受け、「Hermitage Capital Management」という企業が絡んだ国税の払い戻しに関わる巨額横領事件に取り組んでいた。調査が進むにつれ、ロシア警察当局や各種政府機関が巨大な汚職に手を染めていることが明らかになっていき、マグニツキー氏は汚職に関与していた政府当局者を告発。だが、その直後、脱税容疑で逆にマグニツキー氏が捕らえられてしまう。その後、拘留中の激しい拷問が原因で著しい健康悪化を来たし、2009年そのまま十分な医療を受けられないまま死亡した。拷問中マグニツキー氏は告訴を取り下げるよう何度も脅されていたが、ついに首を縦に振ることはなかったという。

 事件後、アメリカ政府はマグニツキー弁護士の獄死をロシア当局による犯罪行為だとして非難、事件に関与したとされる16人のロシア当局者に対する米国への入国ビザの発給禁止や資産凍結を定めた「マグニツキー法」を制定した。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。