>  > アマゾンCEOらセレブが世界滅亡に向けて準備開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 あなたは「プレッパー」と呼ばれる人々をご存じだろうか? これは、来たる世界の終末に備える(prepare)者たちの総称として近年用いられている造語である。

 ノストラダムスの大予言が1999年。以降も数多の世界崩壊説、陰謀論、予言が取り沙汰されてきたが、世界は現在もなんとか継続している。しかし、いよいよ正真正銘の、本番の、本チャンの「世界の終わり」が迫っているのかもしれない。

 それというのも、どうも近頃、世界の支配者層や富裕層などの、いわゆる有力者たちが続々とプレッパー化する動きを見せているのだ。ひょっとして私たち一般人にはキャッチできない何かしらの情報を彼らは共有しているのだろうか? 私たちはそういぶかしむ他に術がない。そんな中、現在ある地図が世界的に注目を集めている。


■透視者が見た未来の地球! ポールシフト後の世界はまさにウォーターワールド!

 ゴードン・マイケル・スカリオンは世界的に有名な透視者であり意識研究家だ。本人の弁によれば、彼は早くも1980年代には霊的な覚醒を遂げており、その結果、地球がポールシフト(地球の自転軸のズレ)を経た後の、かなり詳細な未来世界地図を作成することが可能になったという。

superrichpreppers1.JPG
北アメリカ大陸 「The Free Thought Project」の記事より

 その地図は科学的な裏付けを得てはいないものの、大規模な洪水により世界が広範囲にわたって浸食された衝撃的な未来を提示している。

 現実的にポールシフトは起こり得るのだろうか? また、ポールシフトが起こった場合、果たしてその影響は? 地図が示すように世界の多くが水没してしまうのだろうか? スカリオンは、地球温暖化や核エネルギーの使用、またテクノロジーの誤用が原因でポールシフトが起こるとしているが、彼が霊的覚醒を経てから早30年。現代に暮らす私たちは何を想定すべきなのだろうか?

superrichpreppers2.JPG
西ヨーロッパおよびアフリカ大陸 「The Free Thought Project」の記事より

 一説には核爆発や巨大地震よりも地球への小惑星衝突の方がはるかにポールシフトにつながりやすいという。くしくも今年、米国政府は“National Near-Earth Object Preparedness Strategy(全米地球近傍天体準備戦略)”という文書でNEO(地球近傍天体)の衝突への対策を提言しており、2016年にはNASAとFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)が共同で地球への小惑星衝突シミュレーションを発表した。

 また、2013年にロシアのチェリャビンスク州に隕石が落下し世界をにぎわせたのも記憶に新しい。地球への小惑星衝突は現実的リスクとして確実に認知され始めている。あるいはスカリオンの提示した未来世界地図が現実化してしまうとすれば、地球への小惑星衝突がその直接的要因になり得るのかもしれない。それともこれは飛躍し過ぎた考え方だろうか?

コメント

4:匿名2017年9月20日 10:49 | 返信

ビッグセレブとは、毎年選ばれたトップが集まって話し合う300人委員会とかかな(笑)

権力者と能力者はよく結びつくからなー。

トランプが大統領になる前に、トランプが経営するカジノで日本のギャンブラーが超能力者を使って勝ちまくってたら、トランプも超能力者を使って日本のギャンブラーを妨害した話はオカルト肯定派内では有名な話。

他にも権力者お抱えの超能力者がいる話はよく聞く。(知名度が上がった能力者や占い師に企業のトップや政治家が会いに来る)

3:匿名2017年7月11日 21:59 | 返信

核シェルターとか販売している所が組織的に、こういうことを流してるんだってね。

2:匿名2017年7月11日 07:33 | 返信

子供じみた空想。SFではよくある設定。

1:匿名2017年7月10日 22:19 | 返信

どっかの詐欺透視能力者が超金持ちばっかり狙って「生き残れるだけの資産をお持ちの方だけに伝えています」とかって有料で情報を提供してたりするストーリーを妄想した。
金の使い道困るくらい持ってる奴なら、ハズれても何かしら使い道あるしとりあえず対策してみるかって感じで動くんじゃないかね。
てか透視能力者とかって職業(?)が詐欺に当たらないなら根気とアイデア次第で誰でも荒稼ぎできそう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。