• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■「死の天使」の再来

1802_syakuhou_03.jpg
画像は、「Throwback NEWS」より

「死の天使」や「キラーナース」と呼ばれている看護師のジェニーン・ジョーンズ。彼女は、生後間もない赤ん坊に強力な筋弛緩薬を投与して殺害し、1984年に有罪判決が下された。動機は不明だが、自身を“勇敢な人物”だと演出するために殺人を犯したという説も。

 さらに、ジェニーンは赤ん坊以外にも60人の子どもを殺しており、殺人罪で99年の刑期を言い渡された。その後、新たに抗凝固薬を使った殺人まで明らかになり、さらに刑期が60年増え、合計159年の刑期があるジェニーン。しかし、逮捕当時に施行されていた法律により、2018年にも釈放される可能性があるという。

1802_syakuhou_04.jpg
画像は、「INQUISITR」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。