• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

■南極の地下にピラミッド

【衝撃】南極の秘密地下施設の場所がトラッキングアプリでガチ特定される! 失われた古代ピラミッドの可能性もの画像1
画像は「Strava」より引用

 YouTubeチャンネル「secureteam10」が4日に公開した動画で、南極大陸のHeatmapにあまりにも奇妙な地下基地が写っていることが明らかになったのだ。周囲に人工物など一切見えない、まさに僻地中の僻地にピラミッド型の建物が浮かび上がっている。グーグルアースで確認してみても、10kmほど離れた場所には、人口の建物があるようだが、地下施設が浮かび上がっている場所には何も存在しないようだ。一体これは何なのだろうか? 同チャンネルのテイラー・グロックナー氏は次のように語っている。

「複数の階層に分かれた建造物のアウトラインがはっきりと浮かび上がっています。トラッキングアプリを身につけた政府の職員がこの建物内を毎日歩き回っていることは明らかです。これは間違いなく地下施設でしょう。南極大陸には調査のためのキャンプや基地が複数存在することは確かですが、この施設は奇妙です。我々が知らない何かがここにあります」(グロックナー氏)

【衝撃】南極の秘密地下施設の場所がトラッキングアプリでガチ特定される! 失われた古代ピラミッドの可能性もの画像4
南極大陸には他にも怪しい場所が…「Strava」より引用

 ここで1つの可能性を指摘しておこう。まず浮かび上がった施設がピラミッド型であることに注目して頂きたい。「secureteam10」の動画でも指摘されているが、これはマヤのピラミッドなどと著しい一致を見せている。そして、以前トカナでもお伝えしたが、元ロシア軍人エウゲネ・ガブリコフ氏は、南極大陸の地下に古代ピラミッドが埋まっていると証言していることを考慮すると、これが地下ピラミッドである可能性はさらに高まるだろう。ガブリニコフ氏によると、米国はすでにこのピラミッドの存在を知っているということであるから、もしかしたら、今回Heatmapに浮かび上がったのも、米軍兵士らがピラミッド内で活動しているから、ということではないだろうか。

 現状では確実なことは何もいえないが、少なくとも我々の知らない何かが南極大陸に存在することは確かのようだ。今後の有力情報に期待したい。
(編集部)


参考:「Daily Star」、ほか

コメント

9:匿名2018年2月18日 22:22 | 返信

ユニオン・グレーシャー・キャンプの位置じゃねーか
夢をかえせ

8:匿名2018年2月13日 03:06 | 返信

確かのようだ。➞✕
確かなようだ。➞◯
なんじゃね?

7:中二2018年2月12日 18:03 | 返信

これMAPでやると明るいとこだけよく見えるからすぐ見つかる

6:匿名2018年2月11日 02:39 | 返信

グーグルマップでも氷河の上の同じ場所に道が薄っすらと写ってるね。
直ぐ近くに水が湧き出て流れながらすぐに固まった様な痕もある。

5:匿名2018年2月10日 02:26 | 返信

>>4

ヒートマップってそういうことじゃないぞw

ジョギングとか自転車移動の距離を測るアプリで、GPSと連動している。
そのアプリ使ってる移動してる人が多いほど明るい線で表示される
とかそういうことだろう。

4:匿名2018年2月 9日 22:26 | 返信

巨大な海中の熱源とかも捕捉可能なのか?

3:匿名2018年2月 9日 18:04 | 返信

ガチはデマ

2:匿名2018年2月 9日 12:04 | 返信

前から言われてるし、絶対なんか隠してるよな

1:匿名2018年2月 9日 10:23 | 返信

いや…これはネルフの…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。