• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■「ロボットは人間にとっての脅威ではない」

「我々はコンピュータシステムであるマシンが人間の表情を見て、それと同じ表情をすることにも興味を持っています」(ピーター・ロビンソン教授)

 チャーリーのような表情豊かな反応を見せるロボットに人々がより深く関わろうとするのかどうか、今後の興味深い研究対象になるだろう。これまでの見解では、ロボットは無機質で“ロボットらしい”ほうが人間にとって接しやすいという見解も報告されている。

mindreadingrobot2.JPG
Mirror」の記事より

 ともあれ、まだまだこのチャーリーには学習すべきことがたくさんあり、表情の表現力もさらに磨いていかなくてはならない。それでも、すでにここまで到達しているのであれば実用化もそれほど先のことではないのだろう。

 そしてこのチャーリーを見て、不自然さや違和感を感じることこそ、皮肉にも人間の認識能力の素晴らしさを反映しているということだ。

「多くの人はチャーリーの表情を見て微妙な違和感を感じるでしょう。その違和感はいかに人間が表情を読み取る能力に優れているのかを示すものです。違和感はウソや感情の偽りのサインであるかもしれないのです」(ピーター・ロビンソン教授)

 ロボットが人間に似てくるほど人間には不気味に感じられてくるという、いわゆる“不気味の谷”の問題があるが、現時点のチャーリーもまだこの“不気味の谷”を克服できない存在だということになりそうだ。

 人間とロボットの間にはこうした埋めがたい認識能力の差もあることから、ロビンソン教授は、ロボットは人間にとっての脅威にはならないと主張している。ロボットは人間に代わって世界を支配する日など来ないということだ。

mindreadingrobot3.JPG
画像は「TECHNOCULAR」より

「(脅威を感じたら)ただコンセントを抜けばいいんです」と説明するロビンソン教授。ロボットに違和感を感じることなくコミュニケーションを図ることはまだ少し難しそうだが、人と接する受付業務やエンタテインメント分野では今後ますますロボットの活躍が見込まれてくるのだろう。
(文=仲田しんじ)


参考:「Mirror」、ほか

コメント

3:匿名2018年4月15日 19:28 | 返信

今はただの電気製品だが
人工知能が発達しすぎたら
自分で太陽電池を仕込んで発電したり 
予備バッテリー機能を勝手にプログラミングして 自分でコンセント差し直したり
人間の耳に聴こえない音で洗脳したり 電極差し込んで操ったり
いろいろやらかすと思うぞ

2:匿名2018年4月14日 23:12 | 返信

不気味の谷はもう越えてるだろ

1:匿名の女2018年4月14日 18:05 | 返信

if he have ac?
檸檬 水 酸素

電気

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。