>  > “日置市5人殺害事件”で逮捕された岩倉知広容疑者がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

岩倉知広

,

日置市5人殺害事件

 平穏な田舎町が突如として連続殺人の舞台となった。鹿児島県日置市東市来(いちき)町の民家で男女5人が殺害された事件で、県警は近くに住む無職の岩倉知広容疑者(38)を殺人容疑で逮捕した。事件は6日午後3時45分ごろ、通報を受けた警察官が民家で3人の遺体を見つけて発覚。遺体はこの家に住む岩倉久子さん(89)の長男の妻・岩倉孝子さん(69)、孝子さんの姉の坂口訓子さん(72)、長男の知人で近くに住む後藤広幸さん(47)の3人だった。

hioki410.jpg
画像は、ANNnewsCH


 3人は音信不通となっていた久子さんと、同居する久子さんの次男で容疑者の実父・正知さん(68)の安否を確認するためにこの家を訪れていた。県警によると、玄関近くの部屋の床で孝子さんと坂口さんが、少し離れた部屋の床に後藤さんが倒れていたという。さらに8日には行方不明となっていた久子さんと正知さんの遺体を、民家近くの山林で発見。遺体は性別の判断も難しいほど腐食が進んでいた。

 殺人容疑で逮捕されたのは、久子さんの孫にあたる岩倉知広容疑者。高校を中退後、職を転々としたが続かず、15年近く引きこもり生活を送っていたという。近所では「危険人物」として認知されており、路上で長さ1m超の金属棒をブンブン振り回す姿が目撃されていた。捜査関係者の話。「金属棒2本を両手に持ち、さながら宮本武蔵にでもなったつもりで殺陣を1人で繰り返していたという。あまりにも異様な姿に道行く人は注意どころか、目も合わせなかったそうだ」。

 そんななか、唯一注意していたのが亡くなった後藤さん。岩倉容疑者とは同じアパートに住んでいたという情報もある。「後藤さんは地域の風紀委員のような役割を果たしており、人望も厚かった。昨年2月には『(容疑者が)アパートの敷地内で鉄の棒を振り回して危ない』と県警日置署に通報している」(社会部記者)

 同容疑者は駆けつけた警察官に金属棒を振り回す理由について「修行の一環でやっている」「いつ敵が襲ってくるかもわからない」と説明していたという。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年4月12日 14:46 | 返信

私が親なら、人様に迷惑かける前にこの手で殺すわ

3:匿名2018年4月11日 22:18 | 返信

容疑者まわりの人間関係と被害者の説明が分かりづらい記事ですね。よく校正通ったな

2:匿名2018年4月11日 16:05 | 返信

この人ヒキニートだったけど、体格がよいんだってね。そりゃ棒振り回してても誰も注意できないわけだ。

1:匿名2018年4月11日 11:54 | 返信

暴れる中年精神病ニートを
現代版 座敷牢=檻に入れて監禁したら 親が逮捕され
独り暮らしさせて野放しにしたら 通り魔事件起こしたり 親族や近所の人が殺られる
どっちがマシか…究極の選択だな
いっそのこと 尖閣に収容施設作って 尖閣の実効支配に利用すればいいのに


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。