6年間都内の非常階段から景色を撮り続けた男 ― “猥雑で美しい” 日本の街並み求めて ~佐藤信太郎インタビュー~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6年間都内の非常階段から景色を撮り続けた男 ― “猥雑で美しい” 日本の街並み求めて ~佐藤信太郎インタビュー~
 2002~08年にかけて、都市のあらゆる非常階段に登り続け、10階ほどの高さから長時間露光で街の姿を撮影してきた佐藤信太郎氏。普段見ることも、注目することもない街全体の姿形や、街に存在するビルや看板、そして光。そこには我々の想像を超えた街の“裏の顔”が潜んでいた――。今回は、写真集『非常階段東京』をメインに、写真集『夜光』『東京|天空樹』(いずれも青幻舎)もあわせて、佐藤氏にとっての写真と...

    今月のフォト

    ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末

    【取材】巨乳ポルノ女優の強烈アート、実在ナチスのメンバー&発禁本神殿…! 5年に1度のドイツ国際美術展「ドクメンタ14」が激アツ!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら