鳥取の震度6は南海トラフ地震の前兆か? 「平成の4連続巨大地震」の可能性と伊勢神宮の予言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Tottori_2.jpg
画像は「気象庁」より引用

 今月21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とする巨大地震が発生した。震源の深さは約10kmと浅く、地震の規模はM6.6と推定されている。今回の地震で、同県倉吉市や湯梨浜町と北栄町では震度6弱を記録し、鳥取市内でも震度5強を観測した。まだ被害の全貌は見えていないが、広い範囲で建物が破損したり棚から物が落ちるなどの報告が相次いでおり、負傷者の情報もある。今後の余震に十分な警戒が必要だ。

 人々の命を守るという使命感の下、トカナはこれまで数多くの研究者の予測、そして体感者や予言者による報告を紹介してきた。そこで明らかになったのは、「環太平洋火山帯」(別称:炎の輪)に位置する日本列島が現在、地震や噴火の活動期に突入しており、もはや「いかなる時も、いかなる場所も安全ではない」という事実だ。しかし、それにしても鳥取という地名を耳にした時、編集部には戦慄が走った。というのも、過去に鳥取地震から始まった巨大地震の連鎖が発生しているからだ――。


■鳥取で地震→「南海トラフ」が来る!?

 今回の地震を受けて、一部で「鳥取県には活断層がないはずなのに、なぜこれほど巨大な地震が……」という声が上がり始めているようだが、この考えがそもそもの誤りである。地震とは、プレート運動で生じた圧力よって地盤にたまった「ひずみ」が解消される時に発生するものなのだ。実際、1943年9月10日に発生した「鳥取地震」はM7.2、最大震度6を記録し、死者1,083人、負傷者3,259人という災害史に残る被害をもたらしている。では、今後の地震活動の参考とするためにも、この第二次世界大戦中の鳥取を襲った巨大地震について考えてみよう。

Tottori.jpg
画像は「南海トラフ地震に備えてGOOD!!」より引用

 実は1940年代の終戦前後は、1943年の「鳥取地震」のほか、1944年に「昭和東南海地震」(M7.9、最大震度6)、1945年に「三河地震」(M6.8、最大震度5)、1946年に「昭和南海地震」(M8.0、最大震度6)と巨大地震が続けざまに日本列島を襲っている。そう、昭和の「四大地震」と呼ばれる“大地震の連鎖”が「鳥取地震」から始まっていたのだ。そして、「昭和東南海地震」「三河地震」「昭和南海地震」の震源地は、いずれも現在発生が危惧されている「南海トラフ地震」の想定震源域と完全に合致する。つまり、鳥取で巨大地震が起きたあとに「南海トラフ地震」が続くという最悪の事態も想定しなければならないのではないか?

 もちろん過去の「四大地震」が、それぞれ誘発し合った結果だったのかはわからない。しかし、ある場所で起きた巨大地震に誘われるように、その震源域から遠く離れた場所でも巨大な地震が発生する「誘発地震」は広く認識されている現象だ。しかも、そのメカニズムが現在に至っても十分に解明されていない点に鑑みれば、今回の鳥取での巨大地震が「南海トラフ地震」の前触れ、もしくはそれを引き起こす可能性を頭ごなしに否定することは決して賢明ではないだろう。

pickup

人気記事ランキング

コメント

7:嶋田正廣・ポンプリン

馬鹿で無神経な私は関東の鉄道会社やテレビ局へ、地震が発生する前の低周波振動音・地鳴りを計測記録すれば、音量のピークを検知すると地震予知が出来ます、地震発生前に電車を停車できますから取り組んでみませんかと、レポート用紙9枚にシステムの運用方法を書いて送りました。送り先からの誹謗中傷・苦情などが有れば非常に嬉しいのですが、たぶん無反応だと感じています。10年以内に首都直下地震が発生すると考えていますが、山手線などでは数多くの脱線転覆事故が発生すると考えています。電車を事前に止めてみたいのです。今は自信を持って情報発信を続けています。文科省や衆議院議員に正しいですとか政府も取り組んでいるとか伺いましたが、怒鳴られている時に本物だと感じました。データを出せと言われましたが取り組む費用が無いのです。皆様に批判されると、時間がたてば未来で証明されると確信を持っているので非常に嬉しいです。いつか計測すれば事実は証明されます。誹謗中傷・関心を持っていただけると嬉しいです。

2017年6月15日 09:27 | 返信
6:嶋田正廣・ポンプリン

秀吉の二条城が被害を受けた慶長伏見地震は、阿蘇山近隣の慶長豊後地震から四国の中央構造線をたどって慶長伊予地震へと続き、伏見地震は中央構造線から北部にずれた有馬・高槻断層に移動しています、私見として阿蘇山の噴火は岩盤地下の熱移動によって瀬戸内海の両サイドで地震を発生させると考えています。864年からの阿蘇山の噴火で868年の播磨国地震を誘発しており、1990年の雲仙普賢岳の噴火で1995年の阪神淡路大震災を誘発しました、私の地震予測で偶然にも、2015年9月16日の噴火で2016年4月14日の熊本地震を近距離だから1年以内に地震が発生すると予測して、宮根誠司さんのテレビ番組で鳥取地震の報道が多い時に2年程度で鳥取でも大地震が起きると予言していましたが的中しました、再度予言します2016年10月8日の阿蘇山の噴火で2年以内に鳥取から兵庫・京都のどこかで今回の鳥取地震と同程度の地震が発生すると考えています。私の地震予測の根拠は3千メータクラスの山脈に成るべきところに瀬戸内海が存在する現実です。地下の熱移動が現在も存在します。サザンアルプスやロッキー山脈アンデス山脈の存在と、瀬戸内海では阿蘇カルデラ・姶良カルデラ・鬼界カルデラが地球史規模の大噴火をくり返し、瀬戸内海・琵琶湖・若狭湾へと岩盤地下の熱移動を示しています。ロシア・カムチャッカ火山群のゴーレリー火山には何年も千度の火山ガスを噴出している噴気孔が存在し、高温の火山ガスが地下の岩盤の間に入れば、超重量物を持ち上げるエアージャッキとして、付近の水も蒸発させて更にパワーアップして、岩盤同士の接着圧力を下げる時に地震が起きるサポートをすると考えています、世界中に否定される私の地震予測の基本的な考えですが、不思議とよく当たり、火山噴火の後で近隣で起きた地震の記録が数多く残されています。地震予知として低周波音計測機を使用して地震発生タイミングの予知も出来ます、政府に請願していますが本気で取り組んでくれるか否かは不明です。御質問心からお待ちしています。【あなたに出来る首都直下地震の予知】

2017年6月 2日 10:17 | 返信
5:嶋田正廣・ポンプリン

首都圏に住む人達へ本気で計測機器を使用して、確実に地震発生タイミングと規模と発生場所が判明する地震予知を、貴男方の手で実現してみませんか、特許・近距離直下型地震予知システムで文部科学省からは、正しいからと言ってデータもないのに予算は付けられないと怒鳴られました、巨大地震発生前に電車を停車できるのに見殺しですか。低周波音計測機器を南関東に広範囲に設置して計測音量の最小数値を基礎数値と決めて計測を続ける時に、例えば計測音量数値が40デシベルアップすると異常を計測しています、2週間前後で地震が起きます。3日前や当日には更に増音デシベルを記録して、音量のピークに達した後で地震発生タイミングが来ます。異常を計測出来た範囲の広さで地震の大きさを特定します、異常を計測出来た場所が地震発生場所です。配備した低周波音計測機の音量波線グラフで判断できます。計測機を地下の地鳴りだけを聞くために防音シートで包んで人工音自然音を排除します。確実に地震予知ができるシステムを実現しませんか?

2017年5月31日 10:28 | 返信
4:匿名

偶然だよ。
神々のことを軽視してる?
ライター氏の文章も軽視してるとしか思えないけど。

2016年10月26日 13:41 | 返信
3:匿名

人々の命を守る使命にはちょっとイラっとした
そんな文乗っけなきゃいいのに
正義や注意勧告を発信しいのはわかるけど、自分でもなんかの鑑定レポで人格を疑う様な記事って言っとったやん
明らかに人の命や不幸を別の目的で記事にしとるんやから、こういう注意勧告の記事でもそこら辺の謙虚さは必要だと思うよ

2016年10月24日 02:51 | 返信
2:匿名

人々の命を守る使命にはちょっとイラっとした
そんな文乗っけなきゃいいのに
正義や注意勧告を発信しいのはわかるけど、自分でもなんかの鑑定レポで人格を疑う様な記事って言っとったやん
明らかに人の命や不幸を別の目的で記事にしとるんやから、こういう注意勧告の記事でもそこら辺の謙虚さは必要だと思うよ

2016年10月24日 02:50 | 返信
1:匿名

「人々の命を守る使命感」ってw
熊本地震のとき、大規模余震の真っ只中に「私は魔女です☆この地震はユダヤ企業○○の陰謀だと思うんです♪」って、被災者の前で面白おかしく書き立てて謝罪すらせず、記事たれ流しとったやんけw

2016年10月22日 09:29 | 返信

コメントする

お名前
コメント
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

写真投稿

写真の投稿はこちら