【宇都宮爆発】自作爆弾で肉塊となった“メガンテじいさん”。元公安語る「自爆理由」と、DV・家庭崩壊の壮絶過去とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【宇都宮爆発】自作爆弾で肉塊となった“メガンテじいさん”。元公安語る「自爆理由」と、DV・家庭崩壊の壮絶過去とは?
 恐ろしい世の中になったものだ。栃木県宇都宮市の中心部で23日午前、連続爆発事件が発生。実行犯は元自衛官の栗原敏勝容疑者で、宇都宮城址公園の北側ベンチで身にまとった自作の爆弾を起爆させ死亡した。遺体は腹部の損傷が激しく、肉塊が周辺に飛び散っていた。死因は胸腹部挫滅。この爆発で通行人など3名が重軽傷を負った。 この事件の何が恐ろしいかというと、犯人が72歳の高齢者という点だ。テロリストでも...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア