死んだ息子の精子で出産を望んだ母 ― 同じ息子を作らねばと思い、苦渋の決断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死んだ息子の精子で出産を望んだ母 ― 同じ息子を作らねばと思い、苦渋の決断
「死んだ息子の生まれ変わりがほしい……」。脳腫瘍に侵された息子の存命中に精子を抜き取り、息子の死後、その精子を使い代理母に息子の“コピー”を産ませたインド人女性がいる。彼女は現在、世間からの好奇の眼差しを浴びながら「息子の息子」を「息子として」大切に育てている——。■「息子が生まれ変わって戻ってきた」 この母親は49歳。50歳手前の更年期であることから自分で妊娠することを諦め、卵子を提供...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら