「黒死病」に感染するとどうなるの!? 生死の境をさまよった末に生還した、元感染者が語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

■なんとか命を取り留めて……

 なんとか命を取り留めたゲイロード氏は、手足の壊疽部分の切断手術や透析治療といった苦しい治療に耐えねばならなかったが、退院も叶い、現在は健康に暮らしているという。後に州の衛生当局によって飼い猫チャーリーの墓が掘り返され、「黒死病(腺ペスト)」に感染していたことも確認される。感染経路はペスト菌を持ったネズミと思われるが、そのネズミが生息する場所まで確認することはできなかった。

plague_3.jpg退院後のゲイロード氏「Daily Mail」より

 ゲイロード氏は、「私の回復にみんな驚いていました。自分がこんな目に遭うとは考えてもいませんでしたが、病気にかかったことを失望するよりも、生きることができて良かったと思うようにしています」と前向きだ。現在は、趣味であるハンティング・ナイフ作りをしながら、引退後の余生を満喫しているという。


 このように、現代においても「黒死病(腺ペスト)」に感染するケースは確実に存在しているのだ。ひとたび感染すると、感染者の3分の2は4日以内に死亡し、たとえ生還したとしても、多くの場合は手足の切断に至る壊疽が生じることとなる。ペスト菌を媒介するのは、主にげっ歯類についたノミなどであるとされており、その蔓延は公衆衛生の状態に大きく左右される。アメリカでは1976年以降、年間約11件の感染例が報告されているが、近年はそれも増加傾向にあるという。また先月には、再び世界が「黒死病(腺ペスト)」のパンデミックに襲われる可能性について指摘する研究報告も報道されている。ここ日本では、1926年以降の感染報告はないようだが、これだけヒトとモノの移動が盛んな現代である。用心に越したことはない。
(グリーン・M)

解説映像「YouTube」より

関連キーワード

コメント

1:匿名 2016年1月28日 07:24 | 返信

私の住む処に時々、子鼠を見掛けるが5歳位の子は親以上にペストの事を知らずミッキーマウスのイメージで困る。
1930年代にヨーロッパで数百万人が死亡し、現在でも数十人が死亡して居る事を學校や、今の若い親に教えるべき。
ミッキーマウスと違いバイ菌を持っているから触らないで!と、言って子供は触らなかったが怒らないが無防備に触るのに、子の前でに殴れずに居たが数人の親にはペスト菌は死滅して居無い事を、私1人では無理なので行政にも教育現場に健康のなかでもっと危機感を持って欲しい。私の子は30だが知っているのは誰だったかの小説、テレビで主人公がヨーロッパ旅行の途中で倒れる。街中の人々がペストを怖れて外出し無い。倒れる時に新聞記事を思い出す。何故?倒れたかを説明したから知って居る。社会的に(勉強が出来る)
が認識不足処か無知だと解らない怖さだと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。