【実録】京都御苑、噂の「封印トイレ」で超ヤバ心霊写真を激写! 案内版から消えた“焼身自殺現場”の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

CIMG2651.jpg撮影:たけしな竜美

 ほかの案内板もいくつか確認しましたが、いずれにも、この場所にトイレのマークはありませんでした。

CIMG2654.jpg撮影:たけしな竜美

 そして、これが問題の「地図から消されたトイレ」です。周辺に街頭などの明かりは一切なく、少なくとも使われていない建物であることは間違いないでしょう。

CIMG2653.jpg撮影:たけしな竜美

 もともとは男女のマークがあったものが、それが剥がされているように見受けられます。ひとまずトイレの周りを一周してみましたが、侵入口となりそうなドアや窓はすべて、丈夫な木の板が釘で打ち付けられ、厳重に封鎖されています。

CIMG2655.jpg撮影:たけしな竜美

 上の隙間から中を覗けます。忍び込むことはできますが、中はとても狭く、そこまでする必要もないでしょう。出るのにも一苦労しそうです。

 ちなみに、この周辺はとても空気が重く、写真を撮影した際には、「一刻も早くこの場を立ち去りたい」というこばかり頭に浮かびました。そして最後の1枚、建物全体を撮影した時に、奇妙なものがカメラに写り込んだのです!

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年6月13日 22:08 | 返信

え? さすがに入り口を木板で塞がれたトイレは普通ではないやろ…。

3:地元ですが 2018年4月17日 02:45 | 返信

散歩の時に寄りますが変に思った事も無い普通のトイレです。

2:匿名 2016年11月24日 23:07 | 返信

ロケットニュースには遠く及ばないな。

1:匿名 2016年11月24日 18:02 | 返信

ネット上の噂話をまとめただけの記事とは違い、自ら取材した記事は、リアルで読んでいてドキドキする。
トカナさんとしては珍しいね。
しかし、こういう取材って、なぜいつも夜なの?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。