• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 今月16日、スロヴァキアで発光しながら上空にとどまり続けるオーブ型のUFO(未確認飛行物体)が出現したとして、話題になっている。

Orb_in_Slovakia1201.jpg
ケムトレイルとされる画像。「Wikipedia」より引用

 このオーブを捉えた映像を投稿したのは、ケミカル・トレイル(意図的に散布されているとされる化学物質の航跡、略称:ケムトレイル)やHAARP(地震兵器と噂される、高周波活性オーロラプロジェクト)の影響と見られる、大気中の異常現象を数多く紹介しているYouTubeチャンネル「Martin Mikuaš」。

 ケムトレイルは、通常の飛行機雲よりも長く空中にとどまり続け、その後、徐々に広がり通常の雲へと姿を変えるとされ、一部の陰謀論者たちは化学物質が意図的に噴霧されていると主張している。その目的については気象操作や、ウイルス散布による人口削減など、さまざまな憶測が飛び交っているのだが、ケムトレイル付近ではオーブやUFOの目撃事例が多いことも知られており、その関連性も含めて謎に包まれているのだ。そして今回のオーブも、ケムトレイルのすぐ近くで発見されていた――。

 何はともあれ、まずは問題の映像をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より引用
Orb_in_Slovakia1202.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用
Orb_in_Slovakia1203.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

■飛行機から噴射される異様に太い煙と強烈な発光体

 飛行機が通過した後に発生する、異様に太い飛行機雲。カメラはその雲を辿っていく。すると、雲のすぐ下に強く発光する謎の物体がはっきりと確認できる。拡大画像を見ると、物体の輪郭部分は緑がかった強烈な光を発しているようだ。やがて、飛行機が作り出した煙が落ちてくるが、発光体はホバリングしているかのように、その場にとどまり光り続けている。一体、このオーブの正体は何なのだろうか。太陽が沈む前にこれほど強く光っている点を考えると、星ともドローンとも考えにくいのだ……。

コメント

2:匿名2016年12月24日 14:59 | 返信

元気玉だな

1:匿名2016年12月24日 13:52 | 返信

金星

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。