科学者が明かす「最も恐ろしい死に方」5選が本当にヤバい! エレベーター落下死から粒子直撃死まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

●マリアナ海溝に落ちたら……

 科学者が明かす「最も恐ろしい死に方」5選が本当にヤバい! エレベーター落下死から粒子直撃死までの画像2画像は「Daily Mail」より引用

 日本からオーストラリア北部まで伸びる世界で最も深いマリアナ海溝。最深部である「チャレンジャー海淵」は10km以上の深さだといわれるが、ここに人間が落ちたら一体どうなるのだろうか?

「マリアナ海溝の底まで沈む場合、水圧で押しつぶされるより先に溺れます。それに、人体はほぼ水分ですから、水圧で完全にはつぶれません。人間の体を保ったまま落下していきます」

 ただし、鼻腔、喉、胸などは水圧で潰されてしまい、結果的に死に至るという。底まで沈んだ縮んだ体は空気が全て排出されてしまっているため、水面に浮き上がることはなく、「オデアックス」と呼ばれる深海ワームに骨までしゃぶられ跡形もなく消えるとのこと。

コメント

5:匿名 2019年4月13日 09:28 | 返信

改ページ多いサイトだなぁ。数年後には消えてそう

4:匿名 2019年2月4日 20:38 | 返信

2・・ほんコレ。

大丈夫か?!

3:匿名 2018年7月28日 17:51 | 返信

アナトリーさんまだご存命では?

2:匿名 2017年7月30日 05:25 | 返信

放射能で死ぬってw
放射線と放射能の違いを分かっていないのが
記者かどうかわからないけど
それが「科学者」ならパッチモン

1:匿名 2017年4月16日 16:55 | 返信

現実的なのがエレベーター落下しかないw
あとは海溝とか行かないし、粒子とか中性子とか物理はチョー苦手なので
科学者はやっぱ変人が多い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。