火星で「カークーンの大穴」そっくりの謎の巨大穴をNASAが激写! 科学者も困惑、巨大生物の巣か?

 火星の南極に存在する、通称「スイスチーズ地帯」。二酸化炭素の氷冠が、ぼこぼこと穴のあいたチーズにそっくりなことから、そう名付けられたという。この度、その中に不自然な「巨大生物の巣」らしきものが写っていたことが判明、大きな話題を呼んでいる。

火星で「カークーンの大穴」そっくりの謎の巨大穴をNASAが激写! 科学者も困惑、巨大生物の巣か?の画像1画像は「Daily Mail」より引用
火星で「カークーンの大穴」そっくりの謎の巨大穴をNASAが激写! 科学者も困惑、巨大生物の巣か?の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 英紙「Daily Mail」(6月1日付)によると、問題の画像は、今年3月25日、NASA探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」に搭載された高解像度カメラ「HiRISE」によって撮影されたとのこと。その姿は、普段から火星画像を見慣れている、アリゾナ大学アルフレッド・マキュアン教授にも異様なものに映ったようだ。

「二酸化炭素の氷に空いた浅い穴はよく見ますが、この円形の穴は、より深く氷と地表の土をえぐっています」(マキュアン教授)

火星で「カークーンの大穴」そっくりの謎の巨大穴をNASAが激写! 科学者も困惑、巨大生物の巣か?の画像3鱗上の凹み「Daily Mail」より引用

 火星では、これまでにも「巨大な鱗」のような凹みが発見されているが、これほどはっきりとした“穴”ではなかった。果たして、この不可解な穴はどのようにして形成されたのだろうか?

火星で「カークーンの大穴」そっくりの謎の巨大穴をNASAが激写! 科学者も困惑、巨大生物の巣か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで