地獄のアウシュヴィッツ強制収容所から脱出成功した5人! 自ら収容所に潜入、仲間は次々銃殺、なりすまし…驚愕のエピソードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 アドルフ・ヒトラー率いるナチス党が第二次世界大戦中に建設したアウシュヴィッツ強制収容所では、100万人以上が命を落としたといわれている。収容所内には厳重な警備が敷かれ、監視塔や電気柵が張り巡らされるなど脱出は事実上不可能とされていた。そんな中、900人以上の囚人が脱出を図り、実際に脱出後生き残った囚人はわずか144人だったという。今回はアウシュヴィッツ強制収容所から脱出を成功させた勇敢な5人を紹介しよう。


■エウゲーニシュ・ベンデラ

地獄のアウシュヴィッツ強制収容所から脱出成功した5人! 自ら収容所に潜入、仲間は次々銃殺、なりすまし…驚愕のエピソードとは?の画像1画像は、「JALOPNIK」より

 アウシュヴィッツ強制収容所から脱走した人物として、ポーランド軍の兵士カジミェシュ・ピエホフスキーは有名だろう。しかしカジミェシュと共に脱出計画を立てた、ウクライナ人のエウゲーニシュ・ベンデラを知る者は少ない。ベンデラのガス室行きが近いことを知ったピエホフスキーとその仲間は脱出計画を考え、1942年6月に実行。彼らは盗んだナチス親衛隊の制服に身を包み、複製した鍵を使いガレージに駐車された車に乗り込んだ。そして堂々と正面ゲートへと向かい、ナチス式敬礼で「ヒトラー万歳!」と叫んだという。ゲートの警備員は、彼らを本物のナチス親衛隊の一員だと思いゲートを開門。ベンデラは収容所からの脱出後、ポーランド・ワルシャワで生涯を終えたという。

地獄のアウシュヴィッツ強制収容所から脱出成功した5人! 自ら収容所に潜入、仲間は次々銃殺、なりすまし…驚愕のエピソードとは?の画像2画像は、「JALOPNIK」より

コメント

1:匿名 2018年10月20日 20:30 | 返信

5人しか出てないからあれだけど…
軍人多いな。

やっぱり経験や体力のある人間じゃないと、無理だったというか
軍人でも死ぬ人間の方が圧倒的だったんだよな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。