【ガチ】150年前の名画に「歩きスマホの少女」がハッキリ描かれていた! iPhone Xと完全一致、スマホはタイムトラベル製品だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント14
【ガチ】150年前の名画に「歩きスマホの少女」がハッキリ描かれていた! iPhone Xと完全一致、スマホはタイムトラベル製品だった!の画像3編集部員ご自慢のiPhone X。絵画の少女と驚くほどの一致を見せている

 今年8月には、1930年にアメリカの画家が描いた壁画にスマホを食い入るように見つめる先住民の男が描かれていると報じたばかりだが、実はそれ以外にも古代の彫刻などにノートパソコンガラケーといった現代のテクノロジーの痕跡が残されている。地球外生命体、あるいはタイムトラベラーが彼らに最新のテクノロジーをもたらしたというのが現在の定説であるが……今回の場合はどうだろうか? 残念ながら、各報道によると、どうやら少女の手にあるのは当時の讃美歌集とのことだ。

「私が最も驚いたのは、技術の発展が、絵画の解釈や全体のコンテクストにまで影響を及ぼしているということです。19世紀の人なら、少女は讃美歌集か祈祷書に夢中になっているのだと一目で解釈したはずです」(ラッセル氏)

 時代によって物事の解釈は移り変わっていく。我々が地球外生命体の宇宙船だと解釈している飛行物体も、中世ヨーロッパでは聖霊の乗り物と解釈されていた。今回の絵に関しても、100年後にはもはやスマホと解釈する人はいないかもしれないし、現代では当たり前のものを描いた絵画や写真も、数百年後には全く異なった解釈をされるかもしれない。

 ただし、これが讃美歌集であるというのも、また1つの解釈でしかないことには留意しておきたい。一回りしてラッセル氏の直感が正しい可能性もあるのだ。それというのも、昨年、アップル社ティム・クックCEOが「iPhoneは350年前から存在している」と発言しているからである。クック氏によると、オランダの画家ピーテル・デ・ホーホが1670年に描いた作品にまごうことなきiPhoneが描かれているというのだ。このことが正しければ、ピーテル・デ・ホーホよりも後に描かれた今回の絵にスマホが登場しているとしてもおかしくはないだろう。もしかしたら17~19世紀の絵画を徹底的に調べ上げれば、他にもスマホの痕跡を見つけることができるかもしれない。今後、新たな情報が入り次第、追って報じたい。
(編集部)

参考:「Daily Mail」、「Mother Board」、ほか

コメント

14:匿名 2018年7月2日 01:07 | 返信

万引き家族って映画のタイトルを不謹慎だとか言うタイプの人達がいかに多いことか。

13:匿名 2017年11月16日 18:49 | 返信

わざとアホ記事掲載して読者の反応を楽しむ悪趣味編集部乙

12:匿名 2017年11月16日 15:51 | 返信

必死に否定しすぎな人多いな。こーゆうのを笑って見ることが出来ん人間って可哀想。

11:匿名 2017年11月16日 13:05 | 返信

「祈祷書」に同意 これこそ正論

10:匿名 2017年11月16日 13:03 | 返信

これはスマホではなく、聖書では無いのだろうか。聖書の表紙を見つめながら歩く宗教に熱心な少女の絵画では無かったのか?

9:匿名 2017年11月16日 13:01 | 返信

これはスマホではなく、聖書では無いのだろうか。聖書の表紙を見つめながら歩く宗教に熱心な少女の絵画では無かったのか?

8:匿名 2017年11月16日 12:24 | 返信

「ロケットニュース」にも同一の記事があげられている。
情報量はTOCANAの方が乏しく、文章の組み立てかたも差は歴然。
TOCANAはスキルが低い。

7:匿名 2017年11月16日 09:38 | 返信

やっぱりTOCANAの【ガチ】は【ガセ】。
記者くん自身でネタばらししてるし。

6:匿名 2017年11月16日 06:28 | 返信

本気ですか?

5:匿名 2017年11月16日 03:01 | 返信

ゴシップとしては素晴らしい記事だと思う!
てかよくこんなん見つけてくるな~って関心するわw

4:匿名 2017年11月16日 00:33 | 返信

中学生以下の頭だよね

3:匿名 2017年11月16日 00:07 | 返信

トカナってバカでもできる仕事なの?

2:匿名 2017年11月15日 21:42 | 返信

トカナさん、頭大丈夫?ジョークだとしても、さすがに病院行きだよ。

1:匿名 2017年11月15日 19:37 | 返信

祈祷書やけど。アホ?
「ガチ」とか書いちゃって恥ずかしwww

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。